今や大阪を代表する観光地“新世界”。その新世界のなかでも一番目立つのが今回ご紹介する通天閣です。現在の通天閣は二代目で1956年(昭和31年)に完成したものです。

通天閣は展望タワーなので階層の説明が難しいですが、地下1階と1~5階そして展望台があります。各フロアを順にご紹介したいと思います。

*たっきー / PIXTA(ピクスタ)

 

360度パノラマ展望台で大阪を一望!

出典: icoico

まず、2階は通天閣の下に大天井画が描かれています。これは初代通天閣に描かれたものを復刻したもの。実は気がつかず素通りされる方が多かったり……。訪れた際にはぜひチェックしてみてくださいね。

出典: icoico

展望台へ行くためには、まず『通天閣展望台入口』から地下に降りる必要があります。地下1階に降りると、食品メーカーのアンテナショップ『わくわくランド』がありますが、帰りにも地下1階に戻ってくるので、帰りに寄ることをオススメします。

地下1階でチケットを買ってエレベーターに乗ります。チケット売り場では、各フロアの紹介と待ち時間が表示されています。エレベーターは地下1階~2階を結ぶ円形エレベーターと、2階~5階を結ぶ展望台エレベーターがあります。混雑していて、待ち時間が長い場合は時間をずらすのもいいかもしれません。新世界の周りには楽しい施設やおいしい食べ物屋さんがたくさんあります。

出典: icoico

エレベーターに乗り、2階へ違うエレベーターに乗り換えて展望台の5階へ行きます。5階では、360度パノラマの展望台で大阪の町を一望できます。

5階の景色を堪能したら、通常は4階に降りますが、500円払うと屋上階の特別屋外展望台『天望パラダイス』に上がることも可能。

4階は5階と同じ展望台です。5階に比べるとディスコ風で派手な展望台となっています。また、望遠鏡があるのもこの階です。

出典: icoico

4階からエレベーターで3階に降りると、100年前の新世界『ルナパーク』を再現した展示があります。

出典: icoico

また『カフェ・ド・ルナパーク』があるので、ゆっくり休憩したい方はこちらをご利用ください。

出典: icoico

3階の上には和風モダンな「通天閣庭苑(ていえん)」があります。ここから見上げる通天閣は格別です。

出典: icoico

2階に戻ってくると『キン肉マンプロジェクトアーカイブコーナー』があります。新世界が誕生100周年を迎えてから、キン肉マンの作者ゆでたまご氏が新世界の活性化に協力し始めたことがきっかけで、このコーナーができました。通天閣地下スタジオ210で、イベントが開催していればイベントを楽しむこともできます。

【施設情報】
通天閣
●LOCATION
大阪市浪速区恵美須東1丁目18−6
●アクセス
オオサカメトロ「動物園前駅」1号出口より徒歩10分~15分、「恵美須町駅」3号出口より徒歩3分~5分
南海・JR「新今宮駅」通天閣口(東口)より徒歩約15分
●TEL
06-6641-9555
●入館料
大人:800円 小・中学生:400円 未就学児:無料
●営業時間
8:30~21:30(入場は21:00まで)
●休館日
年中無休

文/平井裕三 写真/PIXTA,平井裕三

※本記事に掲載されている内容は公開時点のものとなります

【関連記事】

【新世界】自分だけのオリジナルお好み焼きが作れる「お好み焼き・一銭洋食 福○」

【新世界】外国人にも人気!昭和の雰囲気漂うレトロなゲーセン「かすが娯楽場」