北海道名物のスープカレーが、昨秋頃から大阪でも急増中。

スパイスや具材へのこだわりはもちろん、どの店も飲み干せるほどこだわり抜いた“ダシ”に注目!

今、話題騒然のスープカレーをご紹介します。

 

1.ひと口目から全力の旨みに、あっさりノックアウト
「SAPPORO SOUPCURRY JACK」の チキンベジカレー

©Meets Regional

 

今年の“カレーEXPO”では3時間で600食完売の金字塔を打ち立てた話題店。関西のとある店でスープカレーに魅了された店主の眞壁敦士さんは、脱サラ後、大阪から聖地・札幌へ。

巨大な寸胴鍋で豚骨と鶏ガラと香味野菜を炊き、白濁したスープを香り高い和ダシで伸ばしたWスープは、8年に及ぶ武者修業の集大成です。

ひと口目からスパークする旨みとチリペッパーのシャープな辛さの後、香味油にも使用されている魚介の旨みでフィニッシュ。

具が野菜だけでも満足度は高いのですが、「今後は食材のグレードを徐々に上げていきたい」と話す眞壁さん。これからも進化し続ける、注目のスープカレーです。

スープは今回紹介のオリジナル、エビ、ココナッツの3種類からチョイス可能で、野菜のトッピングは20種と豊富。辛さも6種類から選ぶことができ、カスタマイズ自在! チキンベジカレー 1,130円。

スープの要は昆布とカツオ節。気持ちカツオ強めの割合で出されたダシから、誰もが好む旨みが完成。トッピングには、サクサクと香ばしい素揚げブロッコリーがおすすめだそう。

【店舗情報】
SAPPORO SOUPCURRY JACK(サッポロスープカレージャック)

©Meets Regional

●LOCATION
大阪市西区新町3-8-9
●TEL
06-6710-9654
●営業時間
11:30~14:30、18:00~22:00
●定休日
不定休

 

2.目指したのは究極の味噌汁。飲み干せる和定食カレー
「ニッポン カリー オルタナ。」の牛しぐれ煮カレー

©Meets Regional

斬新な食材遣いが人気の『ニッポンカリーオルタナ。』。

2019年6月に大阪天満宮の近所に移転したことに伴い、これまでの水曜限定営業に加え、木曜は「毎日でも飽きない、味噌汁みたいなカレーを」とスープカレーをスタート。

牛しぐれ煮カレー(1,100円)はご飯の上のメシ友トッピング・牛のしぐれ煮が絶妙にマッチ。練り込まれた特製マサラペーストの豊潤な香りが鼻腔を刺激し、スプーンの上げ下げが一気に加速します。

 

鶏ガラを8時間煮込んだ濃厚な旨みの鶏白湯をベースに、程よくキレのある魚介系の和ダシで割る二段仕込みゆえ、クリーミーでクセになるコクと、最後の一滴まで飲み干せるさっぱり感が見事に両立しています。

水曜はこれまで通り週替わりカレー、木曜はオルタナ式スープカレーを昼のみ提供し、夜は“バルタナ”としてタンドリーせせりなど、スパイシーなアテを提供。夜のシメカレーでは、スープカレー茶漬けが楽しめます。

【店舗情報】
ニッポンカリーオルタナ。

©Meets Regional

●LOCATION
大阪市北区天神橋1-12-19
●TEL
06-6355-1117
●営業時間
11:30~15:30、18:00~22:00(水曜~21:30)
●営業日
水・木曜のみ営業

 

3.スパイスカレー屋発、和テイストの衝撃作
「スパイスサロン バビルの塔」 のバビルのスープカレー

©Meets Regional

谷町四丁目の人気店 『スパイスカリー バビルの塔』の2号店。2019年春に2号店限定で初リリースされたスープカレーのテーマは、「和」。

バビルのスープカレー(1,200円)は、スパイス各種を加えたチキングレービーとアサリなどでとった貝ダシのWスープのベースに、あん肝(!?)を投入するという、想像の斜め上をいく衝撃のメニューです。

©Meets Regional

スープの要はなんといってもあん肝。トッピングに加え、サイコロ状にカットしたあん肝がスープの中に。旨みを倍増させます。

鮮烈な印象のスパイスの中でも際立つカルダモンの清涼感と食感を残したみずみずしい夏野菜、そしてあん肝のまろやかな旨みの余韻による妙味は、これぞまさしく新感覚。かつおダシキーマと味玉の塔を崩し、旨み増し増しでいただけます。

同店というとスパイスと白米の“あいめし”も特徴ですが、スープカレーにはシンプルな方が合うという判断で白米オンリーに。

夜と土・日には、毛沢東スペアリブ(600円)やバビルのポテサラ(400円)(全て税込)など、スパイシーな料理も登場します。

【店舗情報】
スパイスサロンバビルの塔

©Meets Regional

●LOCATION
大阪市北区黒崎町8-5
●TEL
06-6467-8454
●営業時間
11:30~15:00、18:00~22:30(金・土曜~23:00、日曜11:30~19:00)
●定休日
月曜

(『Meets Regional』2019年9月号P26~P28掲載) 編/icoico編集部

【関連記事】

ゴスペラーズ黒沢、大阪でカレーをハシゴ

 

※本記事に掲載されている内容は公開時点のものとなります