中華料理店以外でも麻婆豆腐を扱うお店が増えているなど、“麻婆”ブーム中の天満エリア。

定番はもちろんのこと、変わり種もあるので、食べ比べを楽しむも良し、好きな店舗でガッツリ食べるも良し。

 

自家製ラー油と青山椒の辛さにハマる!「中国食府 双龍居」

©Meets Regional

300品、240席を誇る中華レストランビル。「ずっと値上げなし」と語るのは、北京出身の栗原広和さん。サービス精神と共に溢れそうなひと皿は、中国五ツ星ホテルで10年以上の経験を持つシェフが、鶏ガラ・丸鶏・豚のスープ、3種の唐辛子の自家製ラー油と、香り高くシビレシャープな青山椒などを駆使。その旨さに、誰もがジャッキースマイルになる定番です。

350gの豆腐一丁をまるごと使った麻婆豆腐は700円(夜の単品は要1ドリンク)で、定食はご飯、サラダ、点心2品付きで800円。コース3,000円~(4名~)。

【店舗情報】
中国食府 双龍居 天満駅前店

©Meets Regional

●LOCATION
大阪市北区浪花町1-24 JL天満駅前ビル1~5F
●TEL
06-6377-8808
●営業時間
11:00~23:00(ランチ~14:30)
●定休日
無休

 

ホルモンの脂がたまらない!「ホルモッシュ」

©Meets Regional

店主・𠮷家誠さんは兎我野町[ホルモン鍋やまちゃん]で修業し、上質のホルモン料理を揃えています。麻婆には豆板醤や四川山椒のほか、カツオと昆布のおでんダシ、おでんの絹ごし豆腐を使い斬新な仕上がり。具は日替わりでシマチョウ、赤セン、ハツ入りと遊び心たっぷりで、各部位の脂の旨さが光る“脂肪遊戯”なひと皿となっています。

写真のメニューは、マーボーホルモン750円。店主はマキシマム ザ ホルモン好き。STF(スパークリングとフルーツ)600円など、随所にプロレス好きであることもうかがえます。ほかにも、創作ホルモン料理を揃えています。

【店舗情報】
ホルモッシュ

©Meets Regional

●LOCATION
大阪市北区天神橋5-8-30 永田ビル2F
●TEL
06-7176-6893
●営業時間
18:00~0:00(金・土曜~翌2:00)
●定休日
不定休

(『Meets Regional』2019年8月号P33~36掲載) 編/icoico編集部

【関連記事】

銀座のしびれる麻婆麺、関西に初登場