大阪観光でたっぷりお土産を買い、さぁいざ帰ろう! となったときに気を付けたいのが飛行機への“機内持ち込み”です。

この記事では、機内持ち込みをする際に気を付けておきたい持ち物を紹介します。

出典: icoico

 

最低限知っておきたい持ち込みOK・NGリスト

Fast&Slow / PIXTA(ピクスタ)

まずは、最低限知っておきたい持ち込みOK・NGリスト5選を紹介していきます。

1.化粧品・医薬品類 OK

bee / PIXTA(ピクスタ)

化粧品(例:スキンケア、ヘアケア、香水、制汗剤、コンタクト洗浄液、アロマオイル)や、医薬品(例:消炎鎮痛剤、虫よけスプレー、殺菌・消毒剤)などの持ち込みは基本OKです。

ただし後述しますが、液体物は100ml以下に抑えないといけません。

ガスが充填されたスプレーは、中身が漏れるのを防ぐためのキャップ等で保護されていればOKです。

2.電池類 OK

yakiniku / PIXTA(ピクスタ)

乾電池や、モバイルバッテリー等は持ち込みOKです。

ただし、リチウム含量によって規定があるので注意しましょう。

3.ライター・マッチ・着火具 一部OK

topic_3z / PIXTA(ピクスタ)

マッチは持ち込みNGです。

ライターは一般的な使い捨てタイプのものに関しては、1人1個の範囲でOKです。

4.はさみ・ナイフ類 NG

masa / PIXTA(ピクスタ)

はさみ・ナイフ類は持ち込みNGなので、スーツケース等と一緒に預けるようにしましょう。

5.液体物 条件付きでOK

液体物は、以下の条件が満たされればOKです。

  • 100ml以下の個々の容器に入れる
  • それらの容器を1l以下(20㎝×20㎝)のジッパー付き透明プラスチック袋に入れる

機内で使うもの以外は、基本預けることをオススメします。

 

お土産にありがち!持ち込みNG液体物リスト5つ

yakiniku / PIXTA(ピクスタ)

続いて、意外とうっかりしやすい、液体物に該当するお土産を紹介します。

1.お好みソース

出典: icoico

お好みソースや、たこ焼きソース類は液体物に該当しますので、100mlを超えるものは、預け入れるようにしましょう。

2.アルコール類

出典: icoico

アルコール好きな方は、ビールなどをお土産として買うことも多いと思います。

ほとんどが100mlを超えますので、預け入れるようにしましょう。

3.レトルト食品

出典: icoico

レトルトカレーなどの、缶詰・瓶詰め・プラスチック容器に入っているような調理品も“液体物”に該当します!

うっかりする方も多いので、預け入れるのを忘れないようにしてください。

4.ジャム類

出典: icoico

ジャムや、味噌、漬物類も液体に該当しますので、注意ください。

5.化粧品・クリーム類

出典: icoico

最後に、化粧品・クリーム類です。

特にクリーム類をうっかり持ち込んでしまう人も多いので、100mlを超える大きいものは、スーツケースに入れ預けるようにしましょう。

 

代表的な部分を紹介しましたが、本記事で紹介しきれなかった点について、更に知りたい方は下記のリンクをご覧ください。

【参照】機内持込み・お預け手荷物における危険物の代表例

 

文/いちまろ夫婦 写真/いちまろ夫婦、PIXTA

※本記事に掲載されている内容は公開時点のものとなります

【関連記事】

大阪の「買い物」に関する記事はコチラでチェック!

外国人が惚れた「日本製包丁」がここに集結!新世界・TOWER KIVES OSAKAで最高の一本を

家でも大阪の味を堪能!新大阪で買える大阪グルメ土産5選