『枚方T-SITE』は、京阪電車「枚方市駅」からすぐ。大阪からも京都からも行きやすい場所にあります。

地下1階、地上8階からなる複合型商業施設で、カフェ併設の『蔦屋書店』を中心に、枚方市でしか買えない逸品がそろうフードマーケットや、雑貨店、レストランも入っています。あらゆる人が集う「街のリビング」をコンセプトにしたライフスタイル型書店です。

出典: icoico

 

「枚方T-SITE」ってどんなとこ?

出典: icoico

京阪電車「枚方市駅」を出てすぐ目に入る、積み木を積み上げたようなユニークな建物。それが枚方T-SITE。

この建物は、世界の優れた不動産開発を表彰する『MIPIM AWARDS 2019』のBEST SHOPPING CENTRE部門で、アジアで唯一最優秀賞を受賞しています。ここ枚方は蔦屋書店発祥の地。そんな場所にふさわしい、思わず写真を撮りたくなるビジュアルです。

 

書籍のほか雑貨・飲食も揃う開放的な店内

出典: icoico

建物内部は、吹き抜けで開放感がある印象。1、3、5階にある蔦屋書店を中心に、飲食、雑貨、カフェ、さらに8階にはレストランなど、様々な店舗があります。

1階にはイートインスペースもあり、カフェやお店で購入したものを食べることもできます。4階にはイベントスペースがあり、様々なイベントも開催されています。

 

フォトジェニックな巨大本棚も!

出典: icoico

4階には、巨大本棚に囲まれたカフェスペースがあります。吹き抜けを利用した巨大本棚に囲まれた空間に、椅子やテーブルなどがあり、カフェで購入したコーヒーなどを片手に読書を楽しむことができます。

出典: icoico

壁面には本がびっしり! とても絵になる風景です。写真撮影もOKですが、マナーを守って。本を読んでいる方の邪魔をしないようにしてくださいね。

購入前の本を読むのもOK。お目当ての本はフロアを超えて持ち込みも可能ですが、読んだ後はきちんと元の場所にもどしましょう。

 

読書専用!?オリジナルのお茶がユニーク

出典: icoico

蔦屋書店オリジナルの『本を読むときのお茶』は、独自の製茶法を持つ、静岡のカネ十農園と蔦屋書店が一緒に作った、読書シーンにあわせて飲みたいお茶。袋タイプ(各 690円・税抜)と箱タイプ(各 1,380円・税抜)があります。

出典: icoico

ユニークなフレーバーや季節限定アイテムなど、袋タイプと箱タイプが随時ラインナップ。蔦屋書店限定販売で、かわいいパッケージはお土産にもぴったりです。

 

枚方T-SITEは、京阪電車「枚方市駅」南口より徒歩1分。駅から直結なので、道に迷うこともありません。人気のテーマパークひらかたパークがある「枚方公園駅」のとなり駅。「枚方市駅」と「枚方公園駅」は京阪電車で3分の距離なので、観光ついでにぜひ立ち寄ってみてくださいね。

【店舗情報】
枚方T-SITE
●LOCATION
大阪府枚方市岡東町12-2
●TEL
072-861-5700
●営業時間
7:00〜23:00
●定休日
不定休
※店舗により営業時間・定休日が異なる

文・写真/オクタニ

※本記事に掲載している情報は公開時点のものになります。

【関連記事】

大阪の「買い物」に関する記事はコチラでチェック!

外国人が惚れた「日本製包丁」がここに集結!新世界・TOWER KIVES OSAKAで最高の一本を

家でも大阪の味を堪能!新大阪で買える大阪グルメ土産5選