赤レンガが映えるレトロ建築の『大阪市中央公会堂』は国の重要文化財に指定されている大阪市のシンボルのひとつ。この地下1階のレストランでは絶品グルメが味わえます。

それでは、大阪の名店『中之島ソーシャルイート アウェイク』を紹介しましょう。

出典: icoico

この大阪市中央公会堂は、株式仲買人の岩本栄之助氏が当時の100万円(現在の貨幣価値では数十億円)を寄付したことにより、1918年に完成しました。建設当時の風格と、壮麗で優雅な美しさをそのままに、現在も文化、芸術、社会活動の場として利用されています。

 

中之島ソーシャルイート アウェイク

出典: icoico

大阪市中央公会堂の中にある『中之島ソーシャルイート アウェイク』は、クラッシックとモダンの調和した雰囲気の中で極上の料理が楽しめると人気のお店です。

今回はランチで利用してみました。

出典: icoico

店内は重厚な歴史的建造物の魅力をそのままに、開放感のあるカジュアルな雰囲気。そしてスタッフの笑顔と接客は素敵なムードを盛り上げてくれます。そして、さらに魅力的なのは料理です。

出典: icoico

ランチメニューは『名物 牛肉煮込みのオムライス』と『贅沢魚介のAWAKEカレー』のほか、ランチコースもあります。

評判高い名物 牛肉煮込みのオムライスを注文してみると……。

出典: icoico

長時間煮込まれたデミグラスソースの中に煮込み牛肉がたっぷり。ふわふわの卵が大事そうに中身のライスを包んでいます。

100年の歴史を刻む重要文化財の中で、全てを悟り包み込んだような存在感のある一品。見た瞬間に分かる“美味しいヤツ”です。

出典: icoico

やはり感動は一口目でしょうか。

出典: icoico

卵も牛の煮込みも口の中でとろけるほど柔らかくマッタリとして奥深い。思わず「メッチャうまいやん」と呟いてしまうお味です。

出典: icoico

諸説ありますが、オムライスは大正時代に大阪で誕生したともいわれています。つまり、オムライスは和食……。大阪市中央公会堂が完成した1918年(大正7年)は、西洋の文化が大衆に広まった時代。

和の雰囲気が色濃く残る中で洋食が庶民に定着し始めた頃に誕生したオムライスという料理。これを公会堂で口にすると、思わず“大正ロマン”という言葉が頭に浮かんできます。まるでタイムスリップしたような心地良さ。これもまたレストランの魅力なのでしょう。

ランチセットの珈琲を飲みながら、ゆっくりと余韻を感じ優雅な時間を過ごしては如何でしょうか。

【施設情報】
中之島ソーシャルイート アウェイク
●LOCATION
大阪市北区中之島1-1-27 大阪市中央公会堂 B1F
●TEL
06-6233-9660
●営業時間
[月~金]
LUNCH 11:30~15:00(L.O.)
DINNER 17:30~22:00(L.O.)
CAFE&BAR 11:30~22:30(L.O.)
[土日祝]
LUNCH 11:00~15:00(L.O.)
DINNER 17:30~22:00(L.O.)
CAFE&BAR 11:00~22:30(L.O.)
●定休日
第4火曜日
その他、中央公会堂の営業に準じます。

文・写真/旅人間

※本記事に掲載されている内容は公開時点のものとなります

【関連記事】

※ 大阪の「グルメ」に関する記事はコチラでチェック!

【保存版】ハズレなし!大阪で絶品うどんを味わえるお店7選

大阪名物!ミナミの「たまごサンド」が自慢のお店3選