焼肉店が立ち並ぶ「鶴橋」。このエリアには本当に美味しい焼肉、ホルモン焼のお店が集結しています。そのなかから、生野区に住んだことがある筆者が、自信を持ってオススメできる店と料理を紹介します!

 

1.空 鶴橋本店

数多の焼肉店が立ち並ぶ、激戦区の鶴橋駅前エリアにあって、圧倒的な人気を集めているのが『空 鶴橋本店』。

出典: icoico

夕方5時(土日は4時)の開店前から行列が出来る人気ぶりなので、予約をしておくのがベターです(3人以上のグループに限る)。

人気の秘訣は、とにかくホルモンの種類の多さ。常時30種類近い部位を揃えています。

出典: icoico

ホルモンはどれも新鮮で臭みが無く、下処理も丁寧で食べやすくなっています。タレも程よく甘辛でコクがあり、ホルモンの味を引き立てます。

・ハラミスジ(400円)

出典: icoico

こちらは、人気のハラミを加工する時に出る余った部分で、スジとは思えないほど柔らかくて味に深みがあり、値段も安く非常にお得度が高い一品。

・ヨントン(400円)

出典: icoico

別名コリコリとも呼ばれる、心臓に近い大動脈を切り開いたもの。固い部位ですが、隠し包丁が入っているのでシャキシャキととても歯切れよく、食感の楽しさが味わえます。

・コブクロ(350円)

出典: icoico

置いている店が珍しい、豚の子宮にもぜひチャレンジを。鮮度が悪いと臭みが出やすい部位ですが、こちらの店なら大丈夫。切れ目が入れてあるので、とても食べやすく、ジューシーでプリッとした食感が楽しめます。

【店舗情報】
空 鶴橋本店
●LOCATION
大阪府大阪市天王寺区下味原町1-10
●TEL
06-6773-1300
●営業時間
[月~金] 17:00~22:30 [土日祝] 16:00~22:30
●定休日
火曜(祝日の場合は、翌日の水曜が休み)

 

2.串八珍

あまりメディアには登場しませんが、焼き鳥のようにホルモンを串に刺して焼いてくれる、“串焼きホルモン”も地元客にはポピュラーな食べ方です。

出典: icoico

カウンター、テーブル、座敷席がそれぞれあり、メニューも写真付きで分かりやすく、サイドメニューも豊富です。串焼きのホルモンは、基本的に1品2本単位でのオーダーになっていますが、1人客の場合は1本でも頼めるところが良心的。

・極上レバー炙り焼き(3本750円)

出典: icoico

最初のオススメは、3本がセットになった極上レバー炙り焼き。さっと表面を炙ったレバーは、中が超レアでとても甘く、臭みは一切ありません!

・上塩タン(1本250円)

出典: icoico

高級なタンも串焼きならこの値段。分厚いのにとても柔らかく、牛タン特有の旨味が口の中に溢れます!

・上ハラミ(1本300円)

出典: icoico

噛むと肉汁がほとばしるジューシーさ。タレも美味しくてビールはもちろん、ご飯も欲しくなります。

・アカセン(1本150円)

出典: icoico

アカセンは4つある牛の胃の4番目にあたる部位。とても脂が乗っていて、プリプリした食感がたまりません!

【店舗情報】
串八珍
●LOCATION
大阪府大阪市天王寺区東上町2-2
●TEL
06-6779-0823
●営業時間
16:30~23:00
●定休日
日曜

 

3.万正

鶴橋駅前はどちらかというと観光客向けの店が多く、地元の人は駅の南東に位置するコリアタウン周辺の店で食べることが多いです。

出典: icoico

なかでもこちらは毎日予約でいっぱい、地元客から圧倒的に支持されている隠れた人気店。

出典: icoico

大阪では“カンテキ”と呼ばれる七輪で焼くため、店内には焼肉の煙が充満しています。脂が炭に落ちて火が吹き上がった時は、氷を網に乗せて消化するのが店のしきたりです。ちなみに予約は4人以上可能です。

店に到着したら、まず中に入って店員さんに予約の有無と人数を告げ、予約をしていない場合は待つ場所を指定されるので、そこで呼ばれるまで待ちましょう。

・塩タン(1,300円)

出典: icoico

数あるメニューの中で、圧倒的な一番人気なのが塩タン。美しいピンク色をした分厚いタンの下に敷かれているのは、何と胡麻油をまぶした大量の刻みニンニク!

出典: icoico

まずはタンだけを片面焼いた後にひっくり返し、上にニンニクをたっぷり載せてからもう片面を焼き上げます。するとニンニクに程よく火が通り、香りと旨味が引き立ちます! さっとレモン汁に付けて食べましょう。

・ヒモ(750円)

出典: icoico

骨付きカルビの骨のまわりに付いている細い部位で、程よい脂の乗りと味の濃さが特徴の、通好みな一品。あっさりした甘さのタレで肉の旨味が生きています。

・ミノサンド(800円)

出典: icoico

牛の一番目の胃に当たるのが“ミノ”。その中でも、脂の層が入り込んでいる希少な部分がミノサンドと呼ばれています。

じっくり焼いてからかぶりつくと、溶けた口の中に広がります。脂のしつこさを甘辛い味噌ダレが上手く包み込み、サクサクとした食感も楽しめます!

【店舗情報】
万正
●LOCATION
大阪府大阪市生野区桃谷3-3-2
●TEL
090-2592-9687
●営業時間
17:30~22:00
●定休日
月曜・水曜

文・写真/こばやしりょーじ

※本記事に掲載している情報は公開時点のものになります。

【関連記事】

※ 大阪の「グルメ」に関する記事はコチラでチェック!

ホルモン出汁がうまい!大阪B級グルメ「かすうどん」の名店3選

昼からはしご酒!大阪・京橋の「せんべろ立ち飲み居酒屋」めぐり