大阪の住吉大社は全国の住吉神社の総本社。家内安全や商売繁盛、縁結びのご利益で人気の神社でパワースポットもあり、初詣は大阪随一の人気を誇ります。

それでは住吉大社の主な見どころを紹介しましょう。

出典: icoico

住吉大社には高燈籠がたくさんあります。その昔、ここから海が広がっていたといわれています。

出典: icoico

西大鳥居の前には『遣唐使進発の地』の碑があります。

 

最大傾斜48度の反橋は歩くだけでお祓いに!

出典: icoico

反橋は“太鼓橋”と呼ばれ、この橋を歩くだけで「お祓い」になるといわれています。

出典: icoico

この最大傾斜は48度も! でも実際は見た目より歩きやすいですよ。

出典: icoico

この反橋は人気の撮影スポットです。

 

住吉大社でウサギは神様のお使い

出典: icoico

住吉大社の見どころのひとつに『兎の手水舎』があります。

住吉大社の鎮座が辛卯年卯月卯日(卯=兎)に因み、兎は神様のお使いとされています。

出典: icoico

第四本宮前の『なでうさぎ』を撫でて無病息災を祈願しましょう。

 

誕生石は薩摩家発祥の地!

出典: icoico

源頼朝の寵愛を受け懐妊した丹後局が、ここの石を抱いて無事に男児を出産したので“誕生石”といいます。

その子は後に薩摩氏の祖となった島津忠久です。

 

鳥居の柱が四角の角鳥居と住吉鳥居!

出典: icoico

住吉大社の鳥居は特徴的で、柱が四角い鳥居があります。反橋を渡った正面の鳥居は“角鳥居”です。

住吉鳥居も柱が四角いですが、柱が四角で貫(ぬき)の両端が柱から外に出ないことが特徴です。第一本宮、第二本宮、第三本宮、第四本宮、若宮八幡宮に限り見られます。

出典: icoico

第一本宮、第二本宮、第三本宮、第四本宮は本殿の中に鳥居があるので分かりにくいですが、若宮八幡宮は住吉鳥居の特徴がよく分かります。(写真は若宮八幡宮)

 

パワーストーン「五大力」の小石を探しに出発!

出典: icoico

住吉大社は、大阪随一のパワースポットですが、その中でも人気が高いのが“五大力(ごだいりき)”の石探し。ここで小石を拾ってお守りにすると、5つの運力が授けられ心願成就のご利益があるといわれています。

それでは五大力のパワーストーンを探しに行きましょう。

出典: icoico

この場所は、神功皇后が住吉大社の神様を祀る地を探しているとき鷺が3羽来て止まったのを見てこの土地に決められたというところ。

出典: icoico

この石玉垣の中にパワーストーンが!

出典: icoico

みんな一生懸命。まるで宝探しです。

出典: icoico

そして「あった!あった!」と歓喜の声が聞こえてきます。

出典: icoico

五所御前の杉の根元には石玉垣の中には、「五」「大」「力」と墨書きされた3つの小石が紛れています。それを宝探しのように三個一組で探し見つけ出します。

それをお守りにすると体力・智力・財力・福力・寿力(寿命力)の5つの運力が授けられ心願成就のご利益があるといいます。

五大力石守について詳しくはこちら!願いが叶ったら倍返し!住吉大社で噂のパワーストーンを探せ

 

願いが叶うか教えてくれる「おもかる石」へ行こう!

『五大力』の石探しと共に住吉大社で人気なのが、願いが叶うか分かる『おもかる石』です。

ところで、そのおもかる石はどこにあるのでしょうか?

出典: icoico

この「おもかる石」は近くにありません。住吉大社から一度外に出て数分歩いた場所にあります。

五大力の五所御前からは約100mの距離。『大歳神社』『浅沢神社』、おもかる石の『おいとしぼし社』が同じ方向と案内に書かれています。

出典: icoico

この『おもかる石』へ行くには、石舞台のある南門からのルートが便利です。

南門にある重要文化財の『石舞台』。これは日本三舞台の一つで、卯之葉神事の時には舞楽が奉納される事で知られています。

出典: icoico

南門を出ると、分かりやすい手書き案内があります。この案内の通りに進みます。おもかる石へ行く途中、「浅沢社(あさざわしゃ)」や「大歳社」、「おいとしぼし社」といった見どころもあります。

出典: icoico

案内の通りに進むと、ここに『おもかる石』があります。

出典: icoico

占い方は、霊石を持ち上げて重さを覚え、霊石に手を当て祈り、再び持ち上げます。

出典: icoico

もし、この霊石が軽くなっていたら願いは叶います。

ドキドキしますね。

さて、願いは叶うか!? 念じて持ち上げてみると……。

重さは変わらない。そんな時はまだ努力が必要というメッセージ。

もしも霊石の重さが変わらなかった場合は、五大力のお守りを大切に身に付け、大歳社に参拝し、心願成就の神徳に授かりましょう。

 

目の前に縁起の良い大猫がドン!と座ってます

最後に紹介するのは、住吉大社で有名な、裃(かみしも)を着た招き猫が有名です。裃とは主に江戸時代の武士の中礼服で、庶民の礼服として用いられていました。

これは毎月初めの辰の日に種貸社(たねかししゃ)・楠珺社(なんくんしゃ)・浅澤社(あさざわしゃ)・大歳社(おおとししゃ)の4つの末社にお参りする“初辰まいり”の招福猫。毎月小猫を1体集め、自らの努力で年月をかけて小猫から大猫へ、商売繁盛、家内安全と始終発達する願掛けの一つ。

それでは、この招福猫について詳しく紹介してみましょう。

出典: icoico

楠珺社の前に立つと独特の雰囲気、そして深々とお辞儀をして中に入って行く参拝客が絶えません。

出典: icoico

そして中には、一際大きな招福猫が真ん中に置かれています。

出典: icoico

それにしても、この裃の招き猫のデザインが素敵。

出典: icoico

ここでは毎月“初辰日”に小猫を一体集めていきます。

奇数付きには左手招きの小猫、偶数月なら右手招きの小猫。例えば7月なら左手、8月なら右手といった具合。もちろん、毎月最初の辰の日に行けなくても、柔軟に対応してくれます。

出典: icoico

ちなみに、

左手招きは、人招き(家内安全、身体健康)
右手招きは、お金招き(商売発達、開運承服)

をそれぞれ招いています。

以上、住吉大社の主な見どころをご紹介しました。記事では紹介しきれていない見どころもあるので、ぜひ足を運んでみてくださいね!

【施設情報】
住吉大社
●LOCATION
大阪府大阪市住吉区住吉2丁目9-89
●TEL
06-6672-0753
●アクセス
南海本線「住吉大社駅」から東へ徒歩3分
南海高野線「住吉東駅」から西へ徒歩5分
●開門時間
午前6時00分(4月~9月)
午前6時30分(10月~3月)※毎月一日と初辰日は午前6時00分開門
●閉門時間
外周門 午後4時00分
御垣内 午後5時00分(1年中)

文・写真/旅人間 編/icoico編集部
※本記事に掲載している情報は公開時点のものになります。
※本記事は過去に掲載した記事を再編集してまとめたものになります。

【関連記事】

大阪の「おでかけ」に関する記事はコチラでチェック!

実は名所だらけ!大阪の紅葉観光スポット5選

日本最古の遊園地!「ひらかたパーク」徹底レポート