やぁ。グルメ王 てつじです。

出典: シャンプーハットてつじ

テレビ番組を通じてグルメの世界にハマり、つけ麺屋帰ってきた宮田麺児のプロデュースを手がけるようになりました。

自慢のつけ麺はお取り寄せもできちゃいます。

唎酒師の資格も持っています。

関西ローカルで放送中の情報番組「ミント!」(MBS)では
わざわざグルメ調査隊というコーナーも持っています。

なぜ、わざわざその場所に店を構えたのか? なぜそのグルメなのか?
飲食店の“わざわざ”の理由を探ったりもしています。

グルメはただ旨いという“味”をもとめるのではなく、
料理人がこんな事にこだわって造った、“人柄 や人情”
人がもっている“味”をさがす時代となりました。

「外食は美味しいだけでは不十分」。

さぁ、私が「旨いの向こう側」へ誘いましょう。

 

第1章「カレーはスプーン」

出典: シャンプーハットてつじ

よく、このカレーは何種類のスパイスを使っているとか、
あたかも“スパイスの種類の多さ=旨さ”みたいになっていますが、
ちゃんちゃら可笑しい。

カレーを映画にたとえるなら、
スピルバーグに「このスターウォーズは何人俳優使っていますか?」
とアホな質問しているのと同じです。
質問するなら、「何故この役はこの俳優なんですか?」。
そう、「何故このカレーにはこのスプーンなんですか?」と尋ねるのがグルメの向こう側です。

出典: シャンプーハットてつじ

スプーン一つでカレーの味は180度変わります。
最後、こだわりぬいた店はスプーンにたどり着きます。
なんならこのスプーンにはこのカレーだ、と逆からの店もあるはずです。

そんなスプーンにまで行き着いたお店、それがコバチカリー

出典: シャンプーハットてつじ

「四季折々 限定カレーをだす あくなき探究心」

その、真っさらに盛られたカレーはまさに芸術、
美術館に飾られてもおかしくない美しさ。
美しい味とかいて“美味しい”がぴったり。

そんなカレーを最高の一口ですくい取るのが、
こちらの「デンマーク王室御用達のスプーン」

深すぎず、広すぎず。
そのカレーはこのスプーンにより、フレンチのスープを思わせる。
B級からA級への架け橋。
一口、一口、最高の味がこのスプーンによって運ばれる。
最後は、食べる自分がここのカレーをつくる。

まさに、“カレーはスプーン”
私はここの常連で、スプーンだけみて帰る日もしばしば。

ご静聴ありがとうございました。

【施設情報】
コバチカリー(COBACHI CURRY)
●LOCATION
大阪市北区豊崎1-7-22 1F
●営業時間
11:30~16:00
17:30~20:00
●定休日
火曜日
●公式HP
https://curry.cobachi.jp/
●Rettyはこちら

文・写真/シャンプーハット てつじ