出典: icoico

2019年2月に新設された「COOL JAPAN PARK OSAKA(クールジャパンパーク大阪)」で、ノンバーバル・ノンストップショー「KEREN」(ケレン)が2月25日(月)から上演を開始しました。

出典: icoico

「KEREN」のテーマは「NIPPON」。日本独自の芸能やアニメ、忍者、サムライ、フジヤマ、妖怪、日本の四季、巨大マグロといった日本のアイコンが劇中に登場します。

出典: icoico

歌やダンスと連動するクオリティの高い映像も必見。

出典: icoico

映像の演出は、スーパーボウルのハーフタイムショーやオリンピック等、数々のイベントを手掛けてきたビデオコンテンツクリエイター「Moment Factory」。

出典: icoico

日本と世界最先端のマルチメディアが融合した、大阪から世界に発信するオリジナルコンテンツです。

出典: icoico

ちなみに、KERENという名は、歌舞伎の世界で奇抜な演出を指す「外連」という言葉が由来です。

 

舞台は関西、時代は様々

出典: icoico

舞台は雨が降る夜の大阪の繁華街から始まり、京都・大阪・神戸・奈良といった、近畿地方各地を行き来。時代は昭和元禄や平成が入り乱れながら、古今のNIPPONの情景を絵巻物のように表現。

出典: icoico

殺陣、歌舞伎、日本舞踊、屋台崩し、ダンス、タップ、ミュージカルなどの伝統アナログ舞台と 「Moment Factory」のデジタルアートが一体となり、迫力は倍増。

豪華絢爛に装飾されたステージで、鍛え抜かれたパフォーマンスが一気に展開します。

出典: icoico

全11章から編成されるKERENですが、それぞれがもつストーリーは独特かつユーモアあふれる内容になっていて、その世界観に圧倒されます。

 

「KEREN」の魅力のひとつは、その豪華スタッフ陣

構成・演出には日本カルチャーを代表する髙平哲郎さん。

振付には、「コーラスライン」にオリジナルキャストにして、2017年トニー賞受賞のバーヨーク・リー (Baayork Lee)さんや、国内外で活躍するタップダンスの第一人者、HIDEBOHさんもタップダンスをはじめとする振り付けを担当。

 

「やばい、なにこの舞台。どうしてこうなった」

出典: icoico

さて、こちらはKERENのキャッチコピーなのですが、予想だにしないストーリー展開・結末に、思わず皆さんも「やばい、なにこの舞台……」と心の中でつぶやくことでしょう。

ぜひ、実際に劇場に足を運んでみてくださいね。

 

KEREN 公演情報

●公式HP・およびチケット購入はこちら

●チケットよしもと、ローソンチケット、チケットぴあにて一般発売中

●開催期間

2019年2月25日(月)〜 ロングラン公演

●アクセス

COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール(大阪市中央区大阪城3番6号)
・S席 大人7,500円 / 子供3,000円 A席 大人5,000円 / 子供2,000円

※2・3月公演限定!
・大阪府民割引 S席 大人5,000円 / 子供2,000円 A席 大人4,000円

<最寄駅>
・大阪城公園駅(JR大阪環状線)
・森ノ宮駅(JR大阪環状線・大阪メトロ中央線、長堀鶴見緑地線)
・大阪ビジネスパーク駅(大阪メトロ長堀鶴見緑地線)
・天満橋駅(京阪電車)

 

COOL JAPAN PARK OSAKAとは

出典: icoico

2019年2月に大阪城公園に開設した、大阪の新たなエンタテインメントの発信拠点となる劇場型文化集客施設。「WW ホール」「TTホール」「SSホール」のキャパシティの異なる3ホールを有したこの施設は、様々なジャンルのエンタテインメントの上演を可能とする最新鋭の設備環境を整備。
世界に通ずるエンタテインメントを大阪城から発信します。

 

(取材・執筆 icoico編集部)