芸術の秋。芸術を求めて美術館を訪れる方も多いのではないでしょうか? そこで今回は大阪でオススメの美術館を3つ紹介します。

 

世界初!3D映像体験もできる「絹谷幸二 天空美術館」

梅田スカイビル27階にある、『絹谷幸二 天空美術館』。

ここでは、絹谷幸二が得意とする“アフレスコ”とよばれる壁画の古典技法で描かれた絵画や立体アートなど色彩豊かな作品を楽しむことができます。

出典: icoico

天空美術館に入って、最初に入るのが『シンボルゾーン』。ここでは、『祝・飛龍不二法門』という絵画が飾られています。

この絵画の後には、絹谷幸二の絵画が、大型ラウンドスクリーンの“3D映像”として楽しめるシアターがあります。

絵の中に飛び込む体験は想像以上に大迫力で、絹谷幸二の世界観をたっぷりと感じられます。

出典: icoico

展示ゾーン『青』では、絹谷幸二が留学していたイタリアなど西洋をモチーフとした壁画などの作品を展示しています。

壁画には、東京・青山の『子どもの城』の壁画を、『ストラッポ技法』と呼ばれる、描かれた絵を壁からはがし布に移し替える特殊な技法を用いて、この美術館に移動し展示されています。

出典: icoico

展示ゾーン『赤』では、主に日本や東洋をモチーフとした絵が展示されています。

出典: icoico

『大阪城満開日之出』は、天空美術館の開館記念作品で、3D映像にも登場します。

天空美術館が、大阪城とともに大阪のシンボルとして世界中の人々に愛されるようにと、一筆一筆に願いが込められています。

出典: icoico

美術館の最後には、ワークショップスペースがあります。

たくさんの画用紙があるので、美術館で得たインスピレーションを基に、自由に絵を描くことのできる、お子様にも大人気のスペースです。

【店舗情報】
絹谷幸二 天空美術館
●LOCATION
大阪市北区大淀中1-1-30 梅田スカイビル タワーウエスト27階
●TEL
06-6440-3760(開館時間内)
●開館時間
10〜18時
10〜20時(金・土・祝前日)
※入館は閉館の30分前まで
●休館日
火曜日、年末年始、展示替え期間
※火曜日が祝日の場合は開館し、翌平日が休館
●入館料
一般1,000円
大学生~中学生600円
小学生以下無料

さらに詳しくはこちらをご覧ください!【梅田スカイビル】世界初!絵の中に飛び込む3D映像体験ができる「絹谷幸二 天空美術館」がすごい!

 

約500点の作品が勢揃い!「堺 アルフォンス・ミュシャ館」

19世紀末から20世紀初頭にかけて花ひらいた美術運動“アール・ヌーヴォー”の代表的芸術家である、『アルフォンス・ミュシャ』。

2017年には、東京・六本木の国立新美術館にて『ミュシャ展』が開催され、大好評だったのも記憶に新しいですね。

そんなミュシャとミュシャの関連作家作品がなんと約500点も所蔵されているのが『堺 アルフォンス・ミュシャ館』です!

出典: icoico

ここの貴重なコレクションは『株式会社ドイ』の創業者である、故・土居君雄氏が収集したもの。土居氏がミュシャの実息ジリ・ミュシャ氏と公私にわたって親交があったことで、初期から晩年に至るまでのミュシャの作品が、層厚く揃うことになりました。土居氏の没後、コレクションは堺市に寄贈され、現在の展示に至ります。

出典: icoico

展示スペースは3F、4F。有名な装飾パネル《四季》シリーズはもちろん、繊細かつ写実的なスケッチなど、珍しい作品もズラリ。特に《黄道十二宮》の素描は、当館にしか所蔵していない貴重な一枚です! ミュシャの線の勢い、曲線の素晴らしさを改めて感じることができるのはもちろん、完成画とは違う部分もあるので、ぜひ会場でじっくりご覧ください。

出典: icoico

ミュシャと同時期に活躍した装飾美術工芸家、ルネ・ラレックのジュエリーや工芸作品、そして公益社団法人日本フラワーデザイナー協会(NFD)との特別コラボレーションは、現実を忘れてしまうような華やかさです。

出典: icoico

帰りについつい買いたくなるお土産。一番人気はクリアファイルとポストカード。「お客様にも大好評なんです。」とのこと。わかります……!

出典: icoico

JR阪和線、堺市駅から約3分。雨の日も傘いらずで行けるのでアクセスも便利です。ぜひ、優雅なミュシャの世界に浸ってください。

【施設情報】
堺 アルフォンス・ミュシャ館 堺市立文化館
●LOCATION
大阪府堺市堺区田出井町1-2-200 ベルマージュ堺弐番館2F~4F
●TEL
072-222-5533
●営業時間
9:30~17:15(入場は16:30まで)
●定休日
月曜日(休日の場合は開館)、休日の翌日(翌日が土・日曜日、休日の場合は開館)、年末年始
※展示替え等のために臨時休館することがあります。
●入館料
一般:(個人)500円(団体)400円
高・大学生:(個人)300円(団体)240円
小・中学生:(個人)100円(団体)80円
※団体は20人以上 100人未満

 

有形登録文化財の建物も圧巻!「大阪市立美術館」

天王寺駅前の賑やかなショッピングゾーンから、5分ほど歩き“てんしば”を抜けると、大阪市立美術館があります。

正面入り口に回ると、ドーン! と効果音が出そうな大迫力。まずは建物の美しさに見惚れます。

大阪市立美術館の創立は昭和11年。2019年で83年目という長い歴史を持つ美術館です。土蔵風で、屋根が瓦なのが大きな特徴です。

出典: 大阪市立美術館

もとは住友財閥当主、十五代住友吉左衞門友純男爵の本邸の土地を、美術館の建設を目的に大阪市に寄贈されたのですが、その豪華さたるや!

一歩入ると、開放感あふれる吹き抜けの中央ホール。クリスタルガラスの大シャンデリアが場内を照らし、4種類の大理石が使われた壁面がぜいたくに輝きます。

出典: 大阪市立美術館

大阪市立美術館の素晴らしさは“コレクション展”にあります。

関西で活躍した実業家のコレクションが核になっており、その購入や寄贈によって集まった日本・中国の絵画・彫刻・工芸は、なんと8,500件!

出典: icoico

作品はすべて繊細なので、常に展示できません。そこで、テーマを決めて入れ替わりで公開されるのがコレクション展。入れ替わりとはいえ、所蔵点数が多いので、なかなか同じものが並ぶことはありません。テーマによっても見方がガラリと変わります!

出典: icoico

国宝や重要文化財に指定された作品も多く所蔵されているので、マメにチェックする価値があります。

詳しくはこちら!有形登録文化財の建物も圧巻!大阪市立美術館で日本の作品を堪能

【施設情報】
大阪市立美術館
●LOCATION
大阪市天王寺区茶臼山町1―82
●TEL
06-6771-4874
●開館時間
9:30~17:00(入館は16:30まで)
●定休日
月曜日(祝日の場合は翌平日)
年末年始(12月28日~1月4日)
展示替え期間
※年によって変更になる場合があります。
●コレクション展(平常展)観覧料
一般:300円 高大生:200円  中学生以下:無料
※特別展・特別陳列などの料金は別途

文・写真/いちまろ夫婦、田中稲 編/icoico編集部

※本記事に掲載されている内容は公開時点のものとなります。
※本記事は過去に掲載した記事を再編集してまとめたものになります。

【関連記事】

大阪の「おでかけ」に関する記事はコチラでチェック!

雨の日でも快適!大阪の室内おでかけスポット5選

芸術の秋到来!大阪で絶対行きたい美術館3選