大阪市鶴見区と大東市、門真市の境界近くにある、大阪中央環状線と鶴見通りが交差する、安田東交差点。

そのすぐ北側に、毎週日曜日に朝市が開かれる場所があり、たくさんの中国人客が集まって朝食を食べたり買い物をしたり、完全に中国語しか聞こえない場所があります。

今回はその“中国朝市”についてご紹介します。

 

はまや食品

出典: icoico

青果卸売業が直営している直売店。通常は、9時から17時までの営業のですが、日曜のみ朝市シフトで、5時頃から12時頃までの営業になります。

朝市の時は、トマトが1ケース800円、じゃがいもが2kgで500円など激安の野菜や、青唐辛子や香菜、空芯菜、豚の頭や鼻、皮付きバラ肉など、中国料理に特化した生鮮食材が安価で手に入ります。

出典: icoico

最近では、ベトナムやインド、マレーシアなどの調味料やスパイス、穀物、乾物なども取り扱うようになり、中国系以外の方も訪れるようになっています。

【店舗情報】
はまや食品
●LOCATION
大阪府大阪市鶴見区茨田大宮1丁目7−62
●TEL
06-6912-7000
●営業時間
[月~土]9:00~17:00
[日]5:00~12:00
●定休日
水曜

 

華龍商事

出典: icoico

はまや食品から100mほど南に行った場所にあるのが『華龍商事』。こちらも通常は中国食材を販売する店ですが、日曜になると多数の食べ物屋台が出現します。

出典: icoico

サクサクの揚げパン“油条”。これを豆乳に浸して食べるのが中国における朝食の定番です。

出典: icoico

ねじった揚げ菓子の“麻花”や、焼き饅頭なども並んでいます。

出典: icoico

野菜や卵、油条を巻いたクレープのようなもの。

出典: icoico

ホルモンの醤油煮や腸詰めもトレイにいっぱいと、目移りしてしまいます。

【店舗情報】
華龍商事
●LOCATION
大阪府大東市諸福8-5-18
●TEL
072-871-5148
●営業時間
[火~土]7:30~18:00
[日]5:00~12:00
●定休日
月曜

 

中国本場の食べ歩きグルメ

最後に、中国朝市で食べるべき3品をご紹介。

・烤羊肉 「カオヤンロウ」(1本100円)

出典: icoico

華龍商事の店舗の北側で、香ばしく炭火焼きにされている羊の串焼き。

出典: icoico

肉は柔らかく、仕上げにクミンと一味唐辛子をふりかけて焼いてあり、とってもスパイシー。朝から思わずビールが飲みたくなります!

・豆腐脳(1杯200円)

出典: icoico

大きな寸胴で作られた出来たての豆腐をすくい、あんかけスープとネギ、お好みでラー油をかけていただく朝食の定番。イートインスペースあり。

出典: icoico

フワフワと優しい豆腐の味わいに、ピリッとしたラー油の刺激が加わって、朝から食欲が全開になります。

・菜包子(1個100円)

出典: icoico

大きな蒸し器でアツアツに蒸された饅頭。

出典: icoico

丸い饅頭は、クミンがほのかに効いた、ひき肉とキャベツ、ニンジンの餡が入っており、あっさりと軽い味わいで朝食にピッタリです。

木の葉型のほうは、酸菜と呼ばれる漬物が入っているそうですよ。

 

文・写真/こばやしりょーじ
※本記事に掲載している情報は公開時点のものになります。

【関連記事】

※ 大阪の「グルメ」に関する記事はコチラでチェック!

今ちゃんの「実は…」で紹介!知る人ぞ知るさぬきうどんの名店

ラーメン・カレー・チャーハンにも!大阪B級「モツグルメ」3選