およそ300年の歴史を誇る「大丸心斎橋店」が、86年ぶりの本館の建て替えを経て、2019年9月20日(金)にグランドオープンしました。新たに生まれ変わった本館には、新業態47店舗、関西初出店41店舗を含む368店舗ものテナントが出店。

“Delight the World「世界が憧れる、心斎橋へ。」”というストアコンセプトを掲げ、世界と未来に向けて進化する百貨店としてグランドオープンしました。今回は、そんな大阪・ミナミの新名所のチェックポイントを厳選して紹介します。

 

【新生「大丸心斎橋店 本館」フロア構成】

  • 10F レストラン
  • 9F ジャパンポップカルチャー
  • 8F ライフスタイル
  • 7F 心斎橋ひとときテラス
  • 4F・5F・6F ファッション
  • 3F ラグジュアリーファッション・シューズ
  • 2F ラグジュアリーファッション・ジュエリー
  • 1F コスメティック/アクセサリー
  • B1 フーズ/婦人洋品雑貨
  • B2 心斎橋フードホール

 

新しくなった心斎橋店!5つの魅力とは?

◆PICK UP①

ジャパンカルチャーを極める/9F

© Pokémon/Nintendo.

9階の一番の見どころは、「ポケモンセンターオーサカ DX & ポケモンカフェ」。ゲームソフトやカードゲーム、目移りしてしまうほど豊富なオリジナルアイテムなどを揃えるポケモンオフィシャルショップと、オリジナリティあふれる、かわいいカフェ・スイーツメニューを楽しめる、西日本初のポケモンカフェ。すでに国内外を問わず、多くのファンが詰めかけています。行列覚悟の人気スポットゆえ、スタンバイはお早めに!

また、門真市にあるフィギュア制作メーカー「海洋堂」のアイテムを購入、鑑賞できる「タリーズコーヒー KAIYODO」も要チェック。買い物の途中でティーブレイクしたい人はもちろん、フィギュアフリークやアニメ好きの人にもたまらない、ニッポンカルチャーを感じられるカフェなのです。

◆PICK UP②

街のランドマークになる/1F

出典: icoico

来館者の玄関口となる1階フロアは、天井のクラシカルな装飾とウルトラモダンな鏡面天井を組み合わせ、ウィリアム・メレル・ヴォーリズの名建築を最先端テクノロジーで保存・再現。同フロアでは最新のコスメ・スキンケアアイテムを取り扱い、関西初出店の「メゾン クリスチャン ディオール」をはじめとする計45ブランドがラインナップ。ラグジュアリーな内装と、上質なビューティアイテムに囲まれた空間で、圧倒的な美を体感できます。

出典: icoico

また、NY発の人気ハンバーガーレストラン「シェイクシャック」、しかも堂々の路面店が心斎橋初出店。とりわけ、心斎橋店限定のコンクリート(オリジナルアイスデザート)「道頓トッフィークリート」は、ぜひ押さえておきたいメニューの一つです。

◆PICK UP③

夜11時まで使えて駅直結!心斎橋にフードホールが誕生/B2

出典: icoico

出典: icoico

Osaka Metro心斎橋駅に直結する地下2階の「心斎橋フードホール」には、食の最新トレンドがずらりと集結しています。西日本初出店のトリュフ専門店「アルティザン ドゥ ラ トリュフ パリ(Artisan DE LA Truffe PARIS)」をはじめ、ソムリエ・唎酒師などが常駐する「世界酒 BAR セカサケ」、隣接する「お肉の専門店 スギモト」で購入した神戸牛や松阪牛も調理してくれる「肉料理専門バル VOLER」など、オリジナリティあふれる13店舗が一挙にオープン。

目新しさは出店しているテナントだけでなく、メニューの注文方法にも表れています。西日本エリアの百貨店で初めて導入された事前オーダーシステムは、スマホ一つでメニューの閲覧、注文、決済が可能で、注文確定ボタンをタッチすると、料理ができ上がったタイミングでスマホにプッシュ通知が届くというもの。到着時間に合わせてオーダーすれば待ち時間のストレスがなく、料理もアルコールも会話も、より一層楽しめること間違いなし。この画期的なサービスを使わない手はありません!

◆PICK UP④

こだわりから最旬のものまで/4F・5F・6F

出典: icoico

出典: icoico

ファッションフロアは、各階それぞれのコンセプトに合わせ、ブランドの世界観を反映したアイテムやサービスなどを提供します。まず4階は、世界最新のファッションカルチャーを発信するフロア。「ヴィヴィアン・ウエストウッド レッドレーベル」と「m-i-d」が新業態店舗として登場したほか、「MoMA デザインストア」は大阪エリアの百貨店では初出店。デニムブランドの「デンハム」は工房併設型店舗として話題を集めています。

上質なライフスタイルを提案する5階は、「ワコール 3D スマートアンドトライ」をはじめとした計3店舗が関西初出店。新業態店舗としては「アンタイトル サロン」と「23区 シンサイバシ」の2店舗が誘致されています。6階は、ホンモノにこだわる大人の男性のためのフロア。ファッション雑貨、時計、メガネ、カメラなど、“格上げ”を約束する洗練されたアイテムを取り揃えています。

◆PICK UP⑤

緑あふれる憩いの場/7F

出典: icoico

心斎橋エリアでは貴重な緑と癒しの空間をつくるテラスが設けられた7階は、まさに都会のオアシス。テラスと一体化したレストラン&カフェ2店舗に加え、心地良さを意識したナチュラルコスメブランドやベビー&キッズなど、全31店舗が展開されています。

このフロアで特筆すべきなのが、伊藤園の新業態カフェ「Four Green Leaves ITOEN」。“お茶の「みどり」をカラダに取り入れる幸せ”をコンセプトに、お茶や青汁を使ったおいしくてヘルシーなスイーツやドリンクをサーブします。

出典: icoico

また、世界的デザインオフィス「nendo」のが内装監修したことでも注目を集める「ビューティライブラリー」が関西初出店。国内外から厳選されたナチュラル&オーガニックコスメを豊富に揃え、自然と寄り添うライフスタイルを提案します。心斎橋の憩いの場でリフレッシュすると同時に、美しさにも磨きをかけてみては?

 

次回は10月12日(土)から11月4日(月·振休)まで、「大丸心斎橋店」を拠点に心斎橋周辺エリアで開催される、大阪と姉妹都市関係にあるミラノとタッグを組んだデザインの祭典“OSAKA×MILANOデザインリンク”の情報をお届けします!

Sponsored by 大丸心斎橋店

【店舗情報】
大丸心斎橋店 本館
●LOCATION
大阪市中央区心斎橋筋1-7-1
●営業時間
「ショップ」10:00~20:30(一部店舗により異なる)
「フードホール」10:00~23:00(一部店舗により異なる)
「レストラン」11:00~23:00(一部店舗により異なる)
●定休日
元旦・不定休

文/野上晶彦(TRYOUT)
※本記事に掲載している情報は、公開時点のものになります。