©OSAKA×MILANO DESIGN LINK

「大丸心斎橋店」は本館グランドオープンを機に、中長期的な大阪の発展を見据えた新規プロジェクトを推進。大阪市の姉妹都市であるイタリア・ミラノで毎年開催される世界最大のデザインイベント、「ミラノ・フォーリサローネ」とパートナーシップを締結。来たる2019年10月12日(土)から11月4日(月・振休)までの期間、「大丸心斎橋店」とこの街を舞台とする新たなデザインの祭典、「OSAKA×MILANO DESIGN LINK」の開催に至りました。ここでは、心斎橋がデザイン一色に染まる3週間の楽しみ方を紹介します。

そもそも、「ミラノ・フォーリサローネ」とは?

ズバリ、毎年4月にミラノで開催される世界最大規模の家具見本市「ミラノサローネ(※1)」と、同時期に市内各所で開催される展示・イベント・インスタレーション(※2)のこと。

ミラノサローネと合わせて、「ミラノ・デザイン・ウィーク」とも呼ばれています。プロダクトデザインにとどまらず、ファッションやグルメ、ライフスタイルに至るまでジャンルの垣根を超えた世界最大のデザインイベントとして、各国から約50万人もの来場者が訪れます。今年は、巨大なアームチェアが広場に出現。

3Dプリンターによって加工された16世紀の作品が街に佇むなど、ミラノの街を巻き込んだインスタレーションが特徴的でした。

※1 正式名称:ミラノサローネ国際家具見本市

※2 絵画・彫刻・映像・写真などと並ぶ、現代美術における表現手法の一つ。展示空間を含めた全体を作品とし、観客がその場にいて体験できる芸術作品のこと。

スペシャルコンテンツがミラノから心斎橋に上陸!

「OSAKA×MILANO デザインリンク」の初年度となる今年は、春に催された「ミラノ・フォーリサローネ」で世界中の目利きから喝采を受けた人気作品を誘致。デニム素材を聴覚で感じることができる巨大スピーカーや世界各地の風景を“窓”として表現したビデオアート、さらには宇宙をモチーフにしたユーモア溢れるプロダクトなど、とりわけ声価を高めたインスタレーションが、「大丸心斎橋店 本館」を中心とした心斎橋エリアに展示されます。

©OSAKA×MILANO DESIGN LINK

©OSAKA×MILANO DESIGN LINK

心斎橋独自のプロモーションを展開!

「OSAKA×MILANO デザインリンク」の一環として、イタリアの人気デザイナーが、この街のために手がけた新作も複数展示されます。またワークショップも展開予定。世界中どこを見渡しても体感できない独自プロモーションによって大丸心斎橋店を、そして心斎橋の街を大いに盛り上げます。

日本で、大阪で、心斎橋で、世界の旬のアーティストの作品を間近で鑑賞できること自体、めったにないチャンス! 今年の“芸術の秋”は、心斎橋へ足を運んでみてはいかがでしょうか?

Sponsored by 大丸心斎橋店

◆「OSAKA×MILANO DESIGN LINK 2019」実施情報
●LOCATION
大丸心斎橋店 本館と周辺エリア
●期間
2019年10月12日(土)~11月4日(月・振休)

文/野上晶彦(TRYOUT)
※本記事に掲載している情報は公開時点のものになります。