大阪グルメといえば粉もんが有名ですが、大阪の“ダシ文化”も忘れてはいけません。ダシの旨みをダイレクトに味わえるうどんは古くから大阪人に愛されてきたソウルフードです。

そこで今回は、大阪で絶対に食べておきたいきつねうどん店をご紹介しましょう。

 

うさみ亭マツバヤ

出典: icoico

最初に紹介するのは、明治26年創業の『うさみ亭マツバヤ』です。この店はきつねうどん発祥の店として知られている大阪の名店。

出典: icoico

お店の前の看板には元祖きつねうどんの“元祖”の文字が目にとまります。

明治時代、この界隈ではお稲荷さんの信仰が深く、素うどんに添えてお揚げさんと魚のすり身の天ぷらを出したところ、お客さんがうどんの中にお揚げさんを入れ食べ始めたのがきつねうどんの発祥だとか。

出典: icoico

素朴で人情味あるお店、お店に入りきつねうどんを注文するまでの雰囲気も◎。

目の前にトン! と置かれた器を見ると、想像よりもダシの色が濃く感じますが、これは醤油の色。

ダシの味は見た目以上に柔らかく優しい。そこにお揚げさんの味が加わると絶妙の旨みが際立つ、まさに大阪の味です。この味を知らずに大阪グルメは語れません。あぁ~うまい!

【施設情報】
うさみ亭 マツバヤ
●LOCATION
大阪市中央区南船場3丁目8−1
●TEL
06-6251-3339
●営業時間
11:00~19:00
●休業日
日曜

 

川福 本店

出典: icoico

大阪の川福本店は心斎橋の繁華街から少し外れた、目立たない場所で静かに営業しています。

店内には過去に来店された歴代総理大臣や著名人の色紙がズラリ! あの著名人もこの店に……!? 知れば知るほど心震える、まさに川福本店は知る人ぞ知る名店なのです。

出典: icoico

きつねうどんは大きなお揚げが1枚。そして小皿に薬味としてネギと生姜、紅葉おろし付き。

出典: icoico

優しい口当たりの中に、しっかりとした深みのあるダシ。そして川福といえば“麺”が最高に美味しい。このツルっとした食感は一度味わうと病みつきになっちゃいます。思わず「おぉ~」と唸る味。

最初はネギも薬味も入れず、そのままのシンプルな味を楽しんでみましょう。

【施設情報】
川福 本店
●LOCATION
大阪市中央区東心斎橋1丁目14-17
●TEL
06-6241-9125
●営業時間
11:30~14:30、18:00~L.O.22:00(土日祝は17:30〜)
●休業日
月曜、第3火曜日(1月~11月)、第4火曜日(5月~9月)

 

道頓堀 今井 本店

出典: icoico

大阪で“うどん”といえば『道頓堀 今井 本店』です。

グリコの看板で有名な戎橋から歩いてスグ! ド派手な看板の飲食店が立ち並ぶ道頓堀で、凛とした風格ある店が見えたら、看板に“今井”の文字が見えるはず。

料亭っぽくて敷居が高そう? そんなことは一切ありません。地元大阪人が愛するお店です。

出典: icoico

この店には魅力的なメニューが数多くあるが、やはりきつねうどんは外せません。

出典: icoico

黄金色に輝くスープ、沸き立つダシの香り、お揚げさんには旨みがギュっと詰まり、口当たりの優しい麺にもダシが染みこんでいます。

あっさり、こってり、まったり、が三位一体になった“はんなり”した味が大阪のダシの味といいますが、味わえば味わうほどに深みが感じられます。

【施設情報】
道頓堀 今井 本店
●LOCATION
大阪市中央区道頓堀1丁目7-22
●TEL
06-6211-0319
●営業時間
11:00~22:00(L.O.21:30)
●休業日
水曜(祝日の場合は営業)

文・写真/旅人間

※本記事に掲載されている内容は公開時点のものとなります

【関連記事】

※ 大阪の「グルメ」に関する記事はコチラでチェック!

うどん激戦区・大阪キタエリアのうどん名店3選

しゃぶしゃぶ・焼肉もオール1,000円以下!北浜の高コスパランチ3選