TV番組“今ちゃんの「実は…」”で大好評のグルメロケ。昨日、10/16(水)23:47~放送されたのは、心斎橋にある“ツウのみぞ知る隠れた名店”。

今回は、そんな心斎橋の名店をicoicoでも紹介しちゃいます!

 

日本でここだけ!しじみ 炊き肉

真っ赤な看板が目印の『しじみ 炊き肉 くにき』は、Osaka Metro心斎橋駅、長堀橋駅より徒歩5分。テーブル席がメインの木目調でアットホームな印象のお店。ここでしか食べられない“しじみ 炊き肉”を目当てに、会社帰りのサラリーマンなどで賑わいます。

出典: icoico

もともと炉端焼のお店で働いていた店長。お店で提供していた貝の出汁の美味しさに魅せられて貝を使った料理を作りたいと考え、生まれたのがこの“しじみ 炊き肉”だったのだとか。

出典: icoico

なぜしじみかというと「酒飲みにやさしいから」。しじみに含まれるオルニチンは、肝機能を向上させて二日酔いともいわれているのだとか。しじみ 炊き肉が食べられるのは、ここ『くにき』だけなんです。

 

「名物しじみ炊き肉」とは

出典: icoico

店の看板メニュー『名物しじみ炊き肉』(1人前 2,500円+税)は、前菜としじみ炊き肉、シメ(雑炊か麺)がセットになっています。

まずは前菜から。新鮮レバーをごま油で焼いて、岩塩とたっぷりのすりごまをかけていただきます。ジューという油がはねる音とともに、ごま油の良い香りが食欲をそそります。

出典: icoico

専用の鍋は、厚みにこだわった特注品。熱がゆっくりと伝わるため、焦げ付きを防いで、食材にじっくり火を通すことができるんです。

出典: icoico

同じ鍋でホルモンと野菜を焼いていきます。ホルモンはハツやテッチャンなど5種類。焼き色がついたら日本酒をドバーっと贅沢に注ぎます。お客さんからは「もったいない! 口に注いで〜!」と言われるのだとか。

出典: icoico

さらに牛バラや肩ロースなどの赤身肉と、もやし、ニラ、キャベツなどの野菜を加えます。

出典: icoico

その上にしじみをたっぷりと投入! そこにしじみと昆布のダシを注ぎ、しじみの口が開いてきたら完成です。

出典: icoico

使用しているのは、島根県宍道湖産の大粒の『大和しじみ』。丁寧に砂抜きされたしじみはくさみもなく、とても良いダシがでるんです。

 

オススメの食べ方は?

出典: icoico

そのまま食べても美味しいですが、自家製のタレをつけるのもオススメ。甘ダレは、焼き肉のタレのようなご飯が進む味。酢ダレにはコショウと鍋のダシを足しすと、さっぱりと食べられてヤミツキに。

出典: icoico

シメは雑炊と麺からチョイス。1人前ずつ調理法を分けて仲間とシェアすることも可能。写真は『アオサバター雑炊』。アオサの香りとバターの風味がたまりません! 藻塩を加えたり、残った酢ダレを少し垂らすと味がしまります。

リピーター率がとても高い同店。食べた人があまりの美味しさに友人を連れて再度来店するのだとか。Osaka Metro心斎橋駅、長堀橋駅より徒歩5分で、アクセスがいいのもうれしいですね。

【店舗情報】
しじみ 炊き肉 くにき

出典: icoico

●LOCATION
大阪市中央区東心斎橋1丁目13-21和田由ビル 1F
●TEL
06-6251-2338
●営業時間
18:00~翌5:00(L.O.フード翌4:00/ドリンク翌4:30)
●定休日
無休

 

一度で二度楽しめる!サッパリ濃厚燻製すき焼き

続いてご紹介するのは、2019年3月にニューオープンした『燻製スギヤ商店』。

大阪・福島の人気店『燻製イナダ商店』による“燻製すき焼き”がついに、ミナミに上陸しました。こだわりぬいた燻製すき焼きが食べられるほか、全席掘りごたつのカウンターと雰囲気もたまりません。

全席掘りごたつの28席。メニューはア・ラ・カルトのみで、お酒はビール、ハイボール、サワーの他、焼酎も充実。「たどり着くまでの時間も楽しんでほしい」と、あえて看板は出していないのでご注意ください。

© Meets Regional

こちらは、看板メニューの『燻製すき焼き』(税込み1,800円、写真は2人前)。

© Meets Regional

2種類のタレで楽しむスタイルで、まずはシャーベットダレつけていただきます。燻製することで凝縮されたトマトの旨みと酸味が、食欲を刺激刺激します。

濃厚な燻製生卵は福島の店での根強い人気を得て、今回主役のタレに昇格!  卵は燻製することで甘みが増し、ヒッコリーチップの豊潤な香りもまったりと絡み、悶絶必至の一品です。お肉は800円、野菜も400円で追加注文可能。

©Meets Regional

燻製メニューはポテトサラダ550円を筆頭に、小鉢から造り醤油、ドリンクに至るまで豊富なラインナップ。

©Meets Regional

芳しい香りがクセになる燻製生レモンサワーは550円。アクセスは、近鉄大阪難波駅より1分ほどと好立地です!

【店舗情報】
燻製スギヤ商店
●LOCATION
大阪市中央区難波1-7-18 心斎橋ヨーロピアンビル4F
●TEL
06-6224-0766
●営業時間
17:00~22:30
●定休日
月曜休

(『Meets Regional』2019年7月号P73掲載)

【関連記事】

梅田に燻製肉バル、自分好みにカスタム可

 

文/オクタニ・icoico編集部 写真/オクタニ・Meets Regional

 

出典: icoico

今ちゃんの「実は…」公式サイト

※本記事に掲載している情報は公開時点のものになります。