暑い時期に無性に食べたくなることがある“かき氷”といえば、夏に食べるものというイメージが強いかもしれませんが、実は秋に食べるのもオススメ! 気温も落ち着いているので氷が溶けにくく、夏よりもコンデションの良い氷を楽しめるんです。

さらに、秋ならではのほっこり素材のシロップも楽しめるんですよ! 本記事では、大阪で食べられる秋におすすめのかき氷のお店を2選ご紹介します。

 

1. cafe12 (カフェトゥエルブ)

環状線で大阪駅の隣にある「福島駅」を下車し、5分ほど歩いたところにあるこちらのお店。

通年でかき氷提供しており、夜カフェができるありがたいお店、『cafe12 (カフェトゥエルブ)』です。

出典: icoico

こちらのメニューは『お芋ラムレーズン』(1,100円)。お芋ペーストに、ラム酒がたっぷり沁み込んだレーズン、さらに食感のアクセントになっている“芋けんぴ”が入っています。

中にもレーズン、芋けんぴがどっさりと入っていて、ボリューム満点です。

出典: icoico

【店舗情報】
cafe12
●LOCATION
大阪市福島区福島2-3-12
●TEL
06-6136-3670
●営業時間
12:00~20:00(L.O.19:30 )
●定休日
不定休

 

2.かき氷みしょう

大阪駅からも徒歩圏内の歓楽街“北新地”。その雑居ビルの地下1階『サントリーバー樽』のかき氷部門として昼間に営業されているお店が『かき氷みしょう』です。

昼間は周囲のお店が営業されていないので、廊下が暗く少し分かりにくいですが、明るいご店主さんが出迎えてくださいます。

出典: icoico

季節の旬の食材を使った多様なシロップが自慢! その組み合わせのセンスが光るお店です。

出典: icoico

秋から冬にかけてオススメなのがこちら! 『和栗モンブラン(1,300円)』。

ふわふわに盛られたかき氷に、ぽってりとした和栗のモンブランクリーム。濃厚で滑らかな風味を堪能できます。

中にも大きな栗の渋皮煮が入っているぜいたくな一品です。

出典: icoico

ラズベリーソースは、別添えにしてもらうことも可能です。

筆者は別添えにしてもらい、前半は和栗の繊細な甘さを楽しみ、後半は甘酸っぱさをプラスして味の変化を楽しみました!

【店舗情報】
かき氷みしょう
●LOCATION
大阪市北区曽根崎新地1-7-6 新日本新地ビル東館 B1F「サントリーバー樽」内
●TEL
06-6341-6646
●営業時間
12:00~18:30(L.O.)
●定休日
不定休

いかがでしたでしょうか? ぜひ秋ならではかき氷をたべてみてください!

文・写真/まいたん

※本記事に掲載している情報は公開時点のものになります

【関連記事】

※ 大阪の「グルメ」に関する記事はコチラでチェック!

今ちゃんの「実は…」で紹介!知る人ぞ知るさぬきうどんの名店

ラーメン・カレー・チャーハンにも!大阪B級「モツグルメ」3選