「すごいものを見た……!」

思わずうなってしまう大阪発新感覚エンターテイメントをご紹介します。その名も『GOTTA』!

インバウンド観光客の数が年々増加する大阪で、国内外の観光客を問わず楽しめるGOTTA。食いだおれの街として世界から注目される大阪の食文化と、大阪が誇る伝統芸能のおいしいところを、その名の如く“ゴッタ煮”にした舞台なのです。

出典:道頓堀ZAZA

 

「おタヌキさん」が祀られた中座跡地。地下には「ゴッタ煮」の異世界が

GOTTAが開催されているのは『道頓堀ZAZABox』。中座くいだおれビルの地下一階にある劇場です。かの有名なくいだおれ太郎が目印。その後ろに、地下へと続くエスカレーターがあります。

出典: icoico

実は、中座くいだおれビルは、中座という芝居小屋の跡地。

今でこそ食がメインとなっている道頓堀ですが、昔は江戸が三座、道頓堀は五座というほど、芝居や芸能がにぎわっていた場所なのです。

中座は、そのなかでもヒノキ舞台でした。その由緒ある芸能のDNAを受け継ごうと努めているのが“道頓堀ZAZA”というわけです。

最大で100席ほど入る劇場に一歩入ると、客席を映像がぐるっと囲む舞台が! 一気に現実から異空間に来たような錯覚に陥ります。

出典:道頓堀ZAZA

 

超絶技!歌舞伎、レビュー、タップ、三味線に打太鼓が

「GOTTA」の登場人物は、日本の伝統芸能がモチーフの『たこ焼き乃丞』、レビューのヒロイン『ミスクレープ』、打楽器の達人『ラーメンドラマー』、三味線弾きの『フグ三郎』、そして謎の紳士『串カツ男爵』の5人。

出典: icoico

これらを演じるのは、元歌舞伎役者や世界的タップダンサーなど、全員がその道を究めてきた一流のエンターテイナーです。

舞台と客席が近いので、圧巻のパフォーマンスの臨場感に大興奮! 目が足りません……。

うっかり見惚れていたら、いきなり手拍子を求められたり、キャストが舞台に降りてきてくれたり嬉しいサプライズもあるので、気を抜けません。この観客参加スタイルも、「GOTTA」のワクワクのひとつ。

出典:道頓堀ZAZA

映像と連動した動きも迫力があります!

出典:道頓堀ZAZA

ストーリーは、GOTTAと呼ばれる独自の世界を形成する食べ物の精霊たちと、道頓堀川の底に沈められていたヨク(人間の欲望が巨大化した化け物)との戦いと大騒動。

キャラクターたちの動きや演奏で話が進み、背景には通訳付きで解説も出ますので、外国のお客様はもちろん、小さな子どもたちも楽しめます。

出典:道頓堀ZAZA

中座には、芝居好きの狸が人間に化けて、木の葉をお金に替えて毎日通っていた……という伝説も残っており、「GOTTA」ではそのお狸さん、柴右衛門狸もナビゲーターとして登場。

大阪の文化を知り、食の大切さを知ることができる、まさに“made in 大阪”ならではのクリエイティブコンテンツ。面白くないわけがありません!

演目は40分というほどよい長さ。観光客の方はもちろん、なんばに買い物にやってきた地元の方でも、時間が空いたときにフラっと立ち寄って楽しめます。

出典:道頓堀ZAZA

中座跡地からほとばしる大阪伝統芸能のパワー、そして一流エンターテイメントたちの超絶技。くいだおれ太郎と記念撮影し、そのまま素通りなんてもったいな過ぎます!

ぜひ劇場に来て、食の精霊たちの活躍を見てきてください。観終わった後は、たこ焼や串カツの味が、ちょっと変わるかもしれませんね。

【イベント情報】
道頓堀「パフォーマンスショーGOTTA」
●LOCATION
道頓堀ZAZA Box
〒542-0071 大阪市中央区道頓堀 1-7-21
中座くいだおれビル地下1階
●TEL
06-4256-2710
●チケット
大 人(16歳以上) 1,800円
小中人(7~15歳) 1,000円
※6歳以下ひざ上鑑賞無料。ただしお席が必要な場合有料。※小中人券をお求めの方は当日身分証のご呈示をお願いする場合がございます。
●公演時間
1日3回公演 (1回40分)
(1)11:00~ (2)13:00~ (3)15:00~
●定休日
火曜

文/田中稲 写真/田中稲、道頓堀ZAZA

※本記事に掲載されている内容は公開時点のものとなります

【関連記事】

※ 大阪の「エンタメ」に関する記事はコチラでチェック!

縁結びに効く!?「和空下寺町」で写経体験&オリジナルお守り作り

世界にたった1つだけ!金平糖の手作り体験ができるミュージアム