国内でワインを生産している都道府県といえば、山梨県。しかし実は、大阪にもワインを製造している場所があるんです! 羽曳野市駒ヶ谷にある『河内ワイナリー』では、工場の見学やワインの試飲ができますよ。

 

「河内ワイン」の魅力を堪能

出典: icoico

近鉄南大阪線駒ヶ谷駅から徒歩7分ほどの場所にある『河内ワイナリー』。

ワインの試飲サービスがあり、味比べをしながら自分に合った河内ワインを購入することができます。

出典: icoico

団体(7名以上)での予約で工場見学も可能。プランや料金によっては昼食付きのプランもありますよ。

・団体無料プラン(7名以上):参加費無料、スタッフによる工場案内、試飲5~10種
・団体リッチプラン(7名以上):参加費1,500円、社長または名物専務またはソムリエまたは醸造長による工場案内、ワインセミナー、試飲10種(グラス試飲)、おつまみ
・食事つきプレミアムプラン(10~40名):参加費2,000円~、スタッフによる工場案内、ワインセミナー、季節の松花堂弁当や旬の料理、ワイン10種(ノンアル葡萄果汁含む)
・少人数制ワイナリー見学会(午前と午後各定員20名):参加費1,500円、ブドウ試食、ワイン試飲、工場見学、おつまみ付

毎月1回開催される少人数制ワイナリー見学会は、特に少人数のグループにおすすめですよ。

出典: icoico

『河内ワイン』は、明治初期に駒ヶ谷の農家が山梨県へ行った際、甲州ブドウを持ち帰り、農家の庭に植えたのが始まり。大正末期には山を開墾して、産地化されました。

大正5年には真銅住太郎氏(現耳鼻咽喉科真銅宏氏の祖父)が発起人となり駒ヶ谷産業組合ができたため、急速に開墾が進んだそう。

その後、真銅菊松氏(現真銅清光氏の祖父)、金銅藤造氏(現金銅繁氏の祖父)によってデラウェア種の栽培技術が導入され、デラウェア集団産業の基礎が作られて現在に至っています。

出典: icoico

出典: icoico

こちらは『金食堂』。食事つきプレミアムプランの昼食会場にもなっています。

もともとは蔵だったので、雰囲気も抜群です。

出典: icoico

次はワイン工場見学。工場までは、ワイン館から30秒ほどなのですぐに着きます。

出典: icoico

こちらはワインの原料となる葡萄を絞る機械。赤ワインは皮の付いた状態のまま、白ワインは皮を取り除いて搾ります。

出典: icoico

ワインを発酵させるステンレスタンク。

出典: icoico

発酵後は、オーク材の木樽に移して熟成期間に入ります。

出典: icoico

現在では使われていない、古い機械の展示もありますよ。

写真は除梗破砕機(じょこうはさいき)。昭和20年~50年まで使用されていた、葡萄の実と軸を分ける機械です。

出典: icoico

油圧式圧搾機で、葡萄のカスも最後までしっかり圧搾する事ができます。

出典: icoico

こちらは1970年に製造されたミゼット。小回りが利くため、葡萄畑をこのミゼットで駆け回っていたのだそう。

出典: icoico

『河内ワイナリー』で作られているワインや梅酒が全種類並んでいます。

出典: icoico

すぐ近くの山を登っていくと葡萄畑が。天気のいい日は畑の見学も可能ですよ。

収穫は6月~9月だそう。取材時はこんな感じでした。

 

「河内ワイン」の歴史を知れる!ワイン館2階「展示ホール」

出典: icoico

明るく開放感が溢れるワイン館2階の展示ホールには、『河内ワイン』の初期の古ビンや写真、資料などが展示されています。見学は無料です。

団体や見学会プランの場合は、こちらでワインの試食会がありますよ。1つ1つの葡萄の品種、味などを丁寧に教えていただけます。有料プランでは葡萄1房とパンが付いてくることも!

出典: icoico

出典: icoico

こちらは『河内ワイン』についての資料や写真。

ワイン用の葡萄の種類もたくさんあるんですね! 今まで知らなかったワインの成り立ちを知れるかも?

 

お気に入りのワインを手土産に!ワイン館1階「ワインショップ」

出典: icoico

ワイン館1階にあるワインショップ。こちらは見学予約をしていなくても、随時試飲、購入ができます。

出典: icoico

ワインセラーに眠る上質なシリーズのワインもありますよ。

出典: icoico

こちらは試飲ができるリスト。ワインは17種、梅酒は9種を試飲できます。これだけの種類があれば、きっと好みのテイストが見つかるはず!

出典: icoico

こちらは『デラウェア 2018』(750ml 1,400円、1800ml 2,500円)。

大阪産のデラウェアを100%を使用した、『河内ワイン』を代表する定番銘柄です。若々しい酸味で、きりっと引き締まった印象を受けるフレッシュなフルーティワイン。

出典: icoico

続いては『スウィートナイアガラ』(375ml 1,900円)。

濃厚な果実の香りがあり、しっとりと凝縮した甘みのある味です。

出典: icoico

『カベルネ・ソーヴィニヨン 2015年』(750ml 2,800円)は、新樽で樽発酵した後、さらに樽熟成したもの。芳香な旨味があります。

出典: icoico

『マスカットベリーA』(750ml 1,700円、1800ml 2,800円)は、華やかな果実の香りと軽やかな口当たりがさわやか。控えめなタンニンとのバランスがよく、飲みやすいです。

出典: icoico

こちらは『ロゼ 2018』(750ml 2,000円)。甘すぎず辛すぎない、すっきり上品な味わいです。

出典: icoico

『シャルドネ 2018』(750ml 2,000円)は、青りんごや洋梨のような華やかな香りのする辛口ワイン。

出典: icoico

出典: icoico

ワインのほかにも、お酒が飲めない方向けに『葡萄ジュース』もありますよ。

 

アクセスも抜群!

出典: icoico

『河内ワイナリー』の最寄り駅、近鉄南大阪線駒ヶ谷駅。

出典: icoico

出典: icoico

駅の踏切近くには看板があります。徒歩7分ほどなので、電車でもアクセスしやすいですよ。

【店舗情報】
河内ワイナリー
●LOCATION
大阪府羽曳野市駒ヶ谷1027
●ACCESS
近鉄南大阪線「駒ヶ谷駅」より徒歩約7分
●TEL
072-956-0181
●営業時間
10:00~18:00(平日)
9:00~18:00(土・日曜、祝日)
●定休日
年末年始、不定休
●駐車場
あり(25台駐車可)

文・写真/mahina

※本記事に掲載している情報は公開時点のものになります。

【関連記事】

大阪の「おでかけ」に関する記事はコチラでチェック!

住吉大社観光後に小腹がすいたら…「粉浜商店街」のオススメ食べ歩きグルメ

魔除け・厄除けはここに!京都の神秘的パワースポット「晴明神社」