やぁ。ナニワのグルメ王 てつじです。

出典: シャンプーハットてつじ

グルメはただ旨いという“味”をもとめるのではなく、
料理人がこんな事にこだわって造った、“人柄 や人情”
人がもっている“味”をさがす時代となりました。

そう、「外食は旨いのは当たり前」

さぁ、私が「旨いの向こう側」へ誘いましょう。

第八章「大阪通をうならせる、『551』」

出典: 551蓬莱

“大阪通”になりたいんや。
この質問に答えられたら、あなたはきっと大阪人。

「119」は消防 、では「551」と言えば?
そう豚まんです。
ちなみに「556」は錆止め、「893」はヤクザではなくて、
グルメ通なら、薬味です。

誰もが知っているソウルフードに堂々といく。
これが通。

出典: 551蓬莱

この551蓬莱
勿論、豚まんがめちゃくちゃ美味いんですが、
551蓬莱の中華レストランがめちゃくちゃ美味いと知っていたら、もう、通。
さらに、豚まん以外のお持ち帰りメニューもめちゃくちゃ美味いもんあると知ってたら、さらに通。

さぁ、通ぶれるメニューをご紹介いたしましょう!

出典: 551蓬莱

『551』のシュウマイ。
これ、実は豚まんのタネと一緒。
中味だけの至福。

出典: 551蓬莱

当然美味い。
注文するとき「裸の豚まん下さい」と頼めば、はい、通。

 

『551』の甘酢団子。
これも、豚まんのタネと一緒なのか?
分からないが多分一緒。
これを揚げて、黒酢ダレをかけた最高に美味い団子。
世界中の丸い食べもん中で1番美味い。
瓶ビールにこれだけ頼んで飲んでる姿、かなり通。
注文するとき「世界一の丸」と頼めば、さらに通。

出典: 551蓬莱

最終の通は、冬なのに、肉まん食べず。
『551』のアイスキャンデー。
シンプルに美味い。
研ぎ澄まされた引き算の美学。
季節飛び越えた、通。
もはや旬も関係なしの、通。

さぁ。勇気を持って大阪通になろう。

こんな私も、数々のお店に通い、“通”になったのです。
そして、好きが転じてつけ麺屋帰ってきた宮田麺児のプロデュースを手がけているわけです。

小麦にこだわり、スープにこだわり、器にこだわっています。
お取り寄せもできちゃいます。

ちなみに、唎酒師の資格も持っています。
日本酒が好きすぎて、お米から日本酒を作ろうともしています。

関西ローカルで放送中の情報番組「ミント!」(MBS)では
わざわざグルメ調査隊というコーナーも担当させていただいています。

なぜ、その店はわざわざその場所に店を構えたのか? なぜそのグルメなのか?
意外な場所にある店や、意外な背景を持つ店に訪れ、
“わざわざ”の理由を探ったりもしています。

そう、今や「外食は旨いのは当たり前」
時代が追い求めるのは「旨いの向こう側」なのです。

【施設情報】
551蓬莱
●LOCATION
大阪府大阪市浪速区桜川4丁目2-5
●TEL
06-7733-0551
●HPはこちら

文/シャンプーハットてつじ 写真/シャンプーハットてつじ、551蓬莱

【関連記事】

吉本芸人の記事はこちらでチェック!

【なんば】ミキの下積み時代の思い出の味「中華そばふじい難波千日前店」

【なんば・千日前】大阪来たら食べなあかん!グッピーこずえの食べ歩き定番おやつの旅