おでかけスポットに迷ったら古き良き日本にタイムスリップできるような古風なスポットにでかけてみませんか?

本記事では、大阪の古き良き観光スポットを3つご紹介します!

 

1.世界が称賛!古くから伝わる技で造られた「日本庭園」

1970年に開催された日本万国博覧会(大阪万博)。その際に政府出展施設として、日本の造園技術の粋を集めて造られた名園が万博記念公園の日本庭園です。

東西1,300メートル、南北200メートルの細長い地形に西から東に水の流れが造られています。

出典: icoico

こちらは、『深山の泉』です。泉から湧きだした水は“時の流れ”を象徴し、ここが万博日本庭園の源泉を表現しています。

迎賓館を寝殿造りの建物と見立て、その庭は海をイメージし、石敷きは海岸の洲浜、立つ石は島々です。

出典: icoico

『木漏れ日の滝』は、4つの滝から流れ出る水流には力強さや躍動感があり、秋には真っ赤に染まった紅葉が楽しめます。

出典: icoico

竹林が続く中世地区。この“竹林の小径”は千里丘陵の竹林風景を再現したもの。

静けさの中で“ししおどし”の音がどこからともなく聞こえてきます。

出典: icoico

室町時代には、水を使わずに自然風景を象徴化する“枯山水”の庭が発達しました。

植物の緑、空の青など、その時々に違った色彩を見せる景色が素敵です。

簡素で変化に乏しい庭に美しさを見出す“わび”、閑寂さのなかに奥深い美しさを感じる“さび”が日本人の心に通じます。

出典: icoico

中央休憩所からは、正面に芝山(築山)が見え、心という文字の形をした“心字池”、日本庭園の成熟期の景観“池泉回遊式庭園”が満喫できます。

出典: icoico

隣接する“花しょうぶ田”では、約90品種、約12,000株のハナショウブが咲き誇ります。見頃は6月上旬から中旬。

日本庭園では、ツツジの名所つつじヶ丘、洲浜を見越して観るボタン桜、平地で自生するのは珍しいとされるサワラ林など、たくさんの見どころがあります。

【施設情報】
万博記念公園 日本庭園
●LOCATION
大阪府吹田市千里万博公園
●TEL
0120-1970-89、06-6877-7387(万博記念公園 コールセンター)
●料金
大人260円/小学生80円(自然文化園共通)
●開園時間
9時30分から17時(入園は閉園の30分前まで)
●休館日
毎週水曜日(水曜日が祝日の場合は翌日の木曜日)

さらに詳しくはこちらをご覧ください!【万博記念公園】世界が称賛!日本の造園技術が集結した「日本庭園」

 

日本最古の“官寺”!大阪「四天王寺」

四天王寺は、593年に聖徳太子が建立した日本最古の官寺です。

物部守屋と蘇我馬子の合戦の際、聖徳太子が「この戦いに勝利したら、四天王を安置する寺院を建立し、この世の全ての人々を救済する」と誓いを立てたのが始まりといわれています。

出典: icoico

『極楽門(西大門)』はさすがの迫力です。

出典: icoico

この四天王寺は、海外からの迎賓館の役割も持ち、有名な南北一直線の伽藍配置は西の海から見ると「なんて大きな国なんだ」という印象を与えたそうです。

出典: icoico

そして、五重塔・金堂・講堂と一直線に並び、回廊が囲んでいます。これが有名な『四天王寺式伽藍配置』です。

四天王に来たら、中心伽藍には絶対に参拝したいですね。

出典: icoico

聖徳太子は救世観音の生まれ変わりともいわれています。金堂に入ると、中央には救世観音、四方に四天王が祀られています。

出典: icoico

内壁に描かれている中村岳陵画伯筆の仏伝図も見所。とっても心落ち着く神聖な空間です。

出典: icoico

講堂では十一面観世音菩薩、丈六阿彌陀如来、内壁に郷倉千靭画伯の仏教東漸が描かれています。この講堂も金堂と同じく神聖で、この場所でずっと時間を過ごしたくなるほど心休まります。

なお、この四天王寺では、毎月21日、22日に『大師会』『太子会』の縁日が開催されます。

この伽藍も一般開放され、500店舗を超える屋台が境内を所狭しと埋め尽くし、一日中楽しめますよ。

【施設情報】
四天王寺
●LOCATION
大阪府大阪市天王寺区四天王寺1-11-18
●TEL
06-6771-0066
●拝観時間
4月~9月 8:30~16:30
10月~3月 8:30~16:00

四天王寺について詳しくはこちらをご覧ください!日本最古の“官寺”!大阪「四天王寺」の歩き方ガイド

 

御座船が最高!外からも中からも「大阪城」

大阪観光で絶大な人気を誇る大阪城は、戦国時代に天下統一をなしとげた豊臣秀吉ゆかりの城。現在では、大阪城の歴史を中心としたお城の博物館となっています。

出典: icoico

歴史を感じさせる風格のあるお城です。中では、さまざまな常設展や特別展が展示されています。

出典: icoico

また、大阪城の内堀には、黄金に輝く船があります。これは『大阪城御座船』で、豊臣期大坂図屏風に描かれていた鳳凰丸を参考に再現された観光船。

運行時間は10:00~16:50(11月から2月は16:30が最終便発)に10分~15分間隔で出航されています。

料金は大人(高校生以上)が1,500円、小人(小・中学生)は750円、65歳以上は1,000円。

出典: icoico

現在の石垣は徳川幕府によって造られたもので、その高さは日本一を誇ります。そんな石垣を堀の中から見上げて楽しむのが大阪城御座船の一番の魅力です。

途中、魔除けとして石垣の中に埋められた人面石や、石垣に残された大名の刻印など、見所がたくさんあります。御座船に乗らないと分かりませんが、驚くほどたくさんの刻印があり、何枚も写真を撮ってしまうはず。

出典: icoico

お堀の中から見る大阪城天守閣。目の前には壮大な石垣がそびえ立ち、その奥に堂々と存在する姿は正しく大阪のシンボルです。

【施設情報】
大阪城天守閣
●LOCATION
大阪市中央区大阪城1番1号
●TEL
06-6941-3044
●営業時間
9:00~17:00(季節により開館時間延長あり)
※入館は閉館の30分前まで
●休館日
年末年始(12/28~1/1)
●入館料
大人600円
中学生以下、大阪市在住65歳以上の方は無料(要証明)

大阪城について詳しくはこちらの記事をご覧ください!御座船が最高!外からも中からも目一杯楽しむ「大阪城」

文・写真/旅人間 編/icoico編集部

※本記事は過去に掲載した記事を再編集してまとめたものになります

【関連記事】

大阪の「おでかけ」に関する記事はコチラでチェック!

人々の憩いの場!非日常感漂う京都最古の「下鴨神社」

【大阪】パワースポット&絶品グルメ巡り!金運UP間違いなし「通天閣~難波八阪神社」コース