大阪城公園の南西に位置する『大阪歴史博物館』は、古代から近現代にわたる大阪の歴史がリアルに体感できる博物館です。古代、中世・近世、近代・現代と各フロアでテーマが分かれています。

今回は、7階の“近代・現代”のエリアをご紹介します!

 

「大阪歴史博物館」の“近代・現代”フロアへ

7階の“近代・現代”のフロアでは、大正末期~昭和初期の心斎橋筋、道頓堀などの街角の様子が、リアルに再現されています。

出典: icoico

長く続いた江戸時代が終わり、時代は明治から大正・昭和へと移ります。

街の雰囲気は一変し、薄暗い風景の向こうに見えるネオン、そして地下鉄の音や街をゆく人の姿。昔どこかで見たことがあるような光景に、ふと懐かしさを感じます。

出典: icoico

この時代に、近代都市の基礎が次々と整備されていきました。

出典: icoico

このフロアには、とにかく写真スポットがたくさんあります。たとえばこちらの八百屋と魚屋の再現。とてもリアルです!

出典: icoico

ここは、大阪市北区にあった『本庄公設市場』がモデルになっているそう。

出典: icoico

環境のよい郊外での生活が、都市住居者の憧れとなった時代。こちらは大正11年に分譲が開始された『千里山住宅地』の様子が再現されています。

出典: icoico

この頃の心斎橋筋は東京の銀座に並ぶ日本を代表する名店街で、当時はここをブラブラ歩くことを“心ブラ”といったそう。ショーウィンドーのある店が多く、特に『ヨネツ子供服飾店』は話題を呼んだそうです。

出典: icoico

このネオンの雰囲気がたまりませんね!

出典: icoico

昭和15年(1940)4月下旬の、道頓堀角座前の風景も再現されていますよ。

出典: icoico

そして展示コーナーには、数多くの実物資料や模型が展示されています。

おじいちゃん、おばあちゃんが元気なら、ぜひ一度連れてきてあげてください。きっと「懐かしい」と、笑顔で想い出を話してくれることでしょう。

【施設情報】
大阪歴史博物館
●LOCATION
大阪市中央区大手前4丁目1-32
●TEL
06-6946-5728
●営業時間
9:30~17:00
※特別展会期中の金曜は20:00まで
※入館は閉館の30分前まで
●常設展観覧料
大人600円、高校生・大学生400円
大人540円、高校生・大学生360円(※団体割引料金)
中学生以下は無料
●定休日
火曜(祝日の場合は翌日)
年末年始(12月28日~1月4日)

文・写真/旅人間

※本記事に掲載されている内容は公開時点のものとなります

【関連記事】

大阪の「おでかけ」に関する記事はコチラでチェック!

無料のスポットも多数!関空の暇つぶしスポット5選

大阪にも水上の鳥居があった!? 「大阪歴史博物館」で中世・近世の大阪を新発見