やぁ。ナニワのグルメ王 てつじです。

出典: シャンプーハットてつじ

グルメはただ旨いという“味”をもとめるのではなく、
料理人がこんな事にこだわって造った、“人柄 や人情”
人がもっている“味”をさがす時代となりました。

そう、「外食は旨いのは当たり前」

さぁ、私が「旨いの向こう側」へ誘いましょう。
 

第十二章「焼くような思いと焼くグルメ」

出典: 肥後裕之

M-1準決勝進出者のツッコミ2人と、
全てのメニューを鉄板でつくる、鉄板食堂 はちへ。

ここは、西区京町堀にある『鉄板 しちさん。』から独立開業したお店。
“ワインに合う料理”をコンセプトに、イタリアンと鉄板料理を楽しめる。

鉄板で豆腐を焼く音をBGMに、
漫才への熱い思いを語らいながら
焼き豆腐と準決勝を待つ。
胸が熱くなる。

出典: 肥後裕之

また、しめ鯖を焼き、
更にバーナーで炙りサンドする
焼きしめ鯖サンドをつまみながら、
他の準決勝進出者のツッコミについて語りあう。

出典: 肥後裕之

自然に拳がぎゅっとなり闘志が燃える。

出典: 肥後裕之

鉄板食堂のメイン、お好み焼きが焼けたら
ツッコミ論も頂点に。

出典: 肥後裕之

熱々のお好み焼きから香るソースが目に沁みたのか、
目の前のお好み焼きが見えない。

出典: 肥後裕之

3人とも漫才への想いで
目頭が熱くなっていた。

出典: 肥後裕之

鉄板で焼く事により
表現しきれなかった味覚が引き出される。

出典: 肥後裕之

彼ら2人のツッコミは
テッパンネタで決勝に
いってるのだろうか。

もし行けなくてもヤキモチも焼くことなく
全てを出し切って 燃え尽きてほしい。

出典: 肥後裕之

※食事日時 準決勝舞台2日前。
※撮影 肥後裕之(セルライトスパ)
※ゲスト 瀬下豊(天竺鼠)

 
いかがでしたか?
いよいよM-1も準決勝。
私もそんな時代がありました。
そして今、私が情熱を捧げているのはつけ麺屋、帰ってきた宮田麺児のプロデュースです。

小麦にこだわり、スープにこだわり、器にこだわっています。
お取り寄せもできちゃいます。

ちなみに、唎酒師の資格も持っています。
日本酒が好きすぎて、お米から日本酒を作ろうともしています。

関西ローカルで放送中の情報番組「ミント!」(MBS)では
わざわざグルメ調査隊というコーナーも担当させていただいています。

なぜ、その店はわざわざその場所に店を構えたのか?
なぜそのグルメなのか?
意外な場所にある店や、意外な背景を持つ店に訪れ、
“わざわざ”の理由を探ったりもしています。

そう、今や「外食は旨いのは当たり前」
時代が追い求めるのは「旨いの向こう側」なのです。

【施設情報】
鉄板食堂 はち
●LOCATION
大阪府大阪市福島区福島3-6-18 タケダビル1F
●TEL
06-6454-3618
●営業時間
[火~金・土・日]
ランチ:11:45〜13:30 LO13:30
ディナー:18:00〜23:00 LO23:00
●定休日
毎週月曜日
●Rettyはこちら

文/シャンプーハットてつじ 写真/肥後裕之

【関連記事】

吉本芸人の記事はこちらでチェック!

シャンプーハットてつじの鉄板。主役はつるつるモチモチ食感の麺!

シャンプーハットてつじが誘う梅田の黒い衣の豚カツ!【行こうゼ!“旨いの向こう側”へ。】

シャンプーハットてつじが愛す!肉激戦区西中島南方で肉好きが通う焼肉屋【行こうゼ!“旨いの向こう側”へ。】

【行こうゼ!“旨いの向こう側”へ。】シャンプーハットてつじの「大阪通をうならせる、『551』」

【なんば】ミキの下積み時代の思い出の味「中華そばふじい難波千日前店」

【なんば・千日前】大阪来たら食べなあかん!グッピーこずえの食べ歩き定番おやつの旅