出典: icoico

大阪のグルメといえば、お好み焼きとたこ焼き。そう思っている人は少なくないのではないだろうか。確かに間違いではないが、正確ではない。大阪はグルメの流行発信地であり、ジャンルにとらわれず、新たなブームが生まれ、そして定着していく「グルメ誕生の地」でもあるのだ。ここに断言しよう。大阪のグルメといえば、スパイスカレーであると!

開店前に整理券が配られるほど人気

近年、大阪ではスパイスカレーが食べられる飲食店が増え続けており、なかでも美味しいと言われているのが「ボタニカリー」(大阪府大阪市中央区瓦町4-5-3)。その美味しさの証拠として、朝の整理券配布がある。そう、あまりにも人気がありすぎて客が殺到するため、開店前から整理券を配り、混乱が起きないよう配慮されているのだ。

出典: icoico

出典: icoico

出典: icoico

絶品カレーのために早めに並ぶ!?

今回10:00過ぎに店頭に出向いたところ、整理券を受け取ったものの、入店可能時間が12:00だった。どうしてもオープン時間である11:00に入店したい人は、9:00過ぎあたりから店頭に出向き、整理券の受け取り待ちをする必要があるかもしれない(とはいえ入店可能時間は客数によって違うし運もあるだろう)。

10:00に行って入店は12:00ということは、2時間も待たなくてはならない! ポッカリ時間が空いてしまったものの、ずっと行列に並んでいなくても、整理券に書かれた時刻に店を訪れればよいシステムなので、そのあたりは非常に嬉しい。ということで、12:00に入店。

出典: icoico

出典: icoico

スパイスカレーを盛り上げるトッピング追加

店内は落ち着いた雰囲気で、スパイスの香りが充満している。スパイスの香りって、どうしてこんなにも食欲を増幅させるのだろうか。2時間待っていた事もあり、気持ちが高ぶってきた! 早く食べたい。今すぐ食べたい。ちなみにオーダーしたのはボタニカリー(税込980円)である。腹が減りすぎていたので、ついカッとなって玉子(税込100円)をトッピングした。後悔していない。

ひとつひとつ丁寧に調理しているため、オーダーから少し時間がかかる。早く食べたいが待ちますとも! 手間暇かけた分、美味しくなるのは必然。あまりにも腹が減りすぎて昇天しかけたころ、テーブルにカレーがやってきた……、って、なんじゃコレはウオオオオオオオオオオオオオ! ええっ!?

出典: icoico

出典: icoico

まるで絵画のようなスパイスカレー

目の前にやってきたカレーは、まさに芸術作品とも、お花畑とも、ファンタジー世界とも、とにかく美しすぎて「今からこれを食べてもいいの!?」と罪悪感すら感じるほど美しすぎた!

カレーや惣菜をしっかりと手間暇かけて作っただけでなく、ここまで美しく丁寧に盛り付けするとは、もはや料理人の域を超越した、芸術料理人と言っても過言ではないだろう! 赤と緑と黄と橙と白と……、とにかくさまざまな具が艶やかな彩りを魅せてくれている! これはアガるわー。

出典: icoico

スパイスとスパイスが超シンクロ!

まずはひとつひとつの具を食べ、あとからカレーと具を混ぜて食べたのだが、これがまた最高すぎる。具のひとつひとつが完成させられた「食材の良さを引き出した逸品」で、それぞれが混ざり合うことで具とスパイスの凄まじいマリアージュを生んでいるのがわかる。

そうか、これが普通のカレーとスパイスカレーの違いなのか。スパイスとスパイス、スパイスと野菜や肉、それぞれがお互いを高めあい、見事なまでの旨味スパイラルが発生している。

出典: icoico

大阪の新名物スパイスカレーに大満足

そして食感も面白い。コリコリ、カリカリ、キュッキュ、あらゆる食材から生じる食感が、スパイスの香ばしさとともに感覚を刺激する。

食べれば食べるほど、食欲が止まらなくなる! どんどん食べたくなる! もう2~3皿食べたかったが、待っているお客さんもいると考え、再訪を強く誓って帰路についたのであった。

ちなみに、トッピングで足した玉子は、カレーをたっぷりとまとわせてから食べると絶品だったぞ。

出典: icoico

【店舗情報】
ボタニカリー

●LOCATION
大阪府大阪市中央区瓦町4-5-3

●TEL
非公開

●営業時間
11:00~売り切れまで営業

●定休日
無休(要確認)

●備考
10:00ごろから入店可能時刻が書かれた整理券を配ります

※定休日以外の曜日でも臨時休業の場合があります

文・写真 / ミスタークドウ