「よしもと男前ランキング」でもコンビ揃って上位にランクインするなど、近ごろ目が離せないイケメンコンビ・トット。とくに多田は、「吉本坂46」のメンバーとしての活動も精力的に行っています。そんな二人にも、毎日食べるのが精一杯という極貧時代がありました。そんな厳しい時代に、まるで二人を励ますかのように寄り添ってくれたのが、吉川さんご夫婦が営む「アメ村社員食堂」です。

実はこちらのお店、今や全国区で活躍中の大阪出身の芸人をはじめ、よしもと漫才劇場を拠点に活動する若手芸人が贔屓にしていることでも有名。大阪若手芸人にとって実家のような温かさのあるこのお店で、思い出を語ってもらいました。

出会いは偶然。きっかけは先輩芸人○○さん

出典: icoico

――店名の通り、アメリカ村の南側、賑やかな通りに面した「アメ村社員食堂」さんですが、この店と出会ったきっかけは?

多田:今から11年前くらいですかね。かまいたち・濱家さんと寿司を食いに行ったときに

桑原:濱家さん、寿司が大好きなんです。ええもんばっかり食べてるから痛風になってね。

多田:濱家さんの痛風情報はええねん! その寿司店で、スーツを着たコワモテのおっちゃんがカウンター席に座ってたんです。僕ら、怖いからちょっと避けてたんですよ。そしたらそのおっちゃんが「かまいたちやんな?」と濱家さんに声をかけてきて。それが、「アメ村社員食堂」のパパ(吉川隆信さん)との出会いです。

出典: icoico

――たまたま入ったお店がおいしくてとかじゃないんですね!

多田:はい(笑)。当時、パパはアメ村で「ザ・イカが」というイカ焼き店をやってるというから、「じゃあ今度、食べに行かせてもらいます」って。それがきっかけですね。で、8年前にパパが「ザ・イカが」の近くにこの「アメ村社員食堂」をオープンしたんで、僕らもこっちに通うようになった感じです。

桑原:僕も、はじめてこの店に連れて来てもらったのは濱家さんです。今は東京に行かれたのでご一緒することは少なくなりましたけど、当時はよくごちそうしてもらいました。濱家さん、自分が借金してでも後輩におごってくれてましたね。

――なるほど、二人とも濱家さんがキーマンなんですね!? 

貧乏時代に身を助けた!? 多田のかわいげ

――ではせっかくですから飲み物をオーダーしましょうか。

出典: icoico

多田:僕は生ビール! あと、「浅漬けセロリ」(300円)ください!

桑原:う~んガリチュー(380円)飲みたいけど、1杯目は僕も生ビールで!

――ガリチューってなんですか!? たしかに気になりますね。では後ほど頼みましょうか。ひとまず「天然水モルツ」(生中/380円)で乾杯です!

出典: icoico

桑原:かんぱーい! はぁ~~! うまいっ!

多田:この「浅漬けセロリ」、昔からママが漬けてて、めちゃくちゃいいアテになるんです。漬物感もしっかりあって、あとから追いかけてくるセロリの苦味がちょうどいい塩梅で。

出典: icoico

桑原:じゃあ僕も、アテに「島らっきょ浅漬け」(480円)ください。普通の居酒屋でこういうメニュー置いてるの、珍しくないですか? 「海ぶどう」(季節限定/580円)もあるんですよ。

出典: icoico

多田:パパとママが食べたいものを置いてるそうなんです。

オーディションの日々。なかなか芽が出なかった下積み時代

――ではビールとアテが揃ったところで、トットがこの店に通い始めた頃の思い出を教えてください。

多田:当時はまだオーディションばかり受けてて、baseメンバー(baseよしもと=かつての若手芸人の拠点)でもなかったから、ほんっまにお金がなかったですね。リアルに、財布の中に小銭だけしか入ってない時もあったよな。

桑原:財布の中2000円だけとか(笑)。それでも店に行って「お金もないのにまた来たんか」みたいなね。

出典: icoico

多田:それで、パパやママにまかないを分けてもらったり、ビールと料理頼んでも「ビール代だけでいいよ」ってごちそうしてもらったり。ここの常連さんにおごってもらったこともあったなぁ。

桑原:多田ちゃんはかわいげの塊やから、すぐ常連さんと仲よくなるんです。

多田:パパ、ママはもちろんですが、お客さんたちにも「出世払いでいいよ!」って、すごく優しくしてもらいました。ほんまにお世話になったなぁ。

桑原:僕はそこまで甘えてなかったですけど(笑)、今ふり返ると「ほんまに、どうやって暮らしてたんやろう?」と思いますよね。舞台が月に3回くらいしかなくて、あとは休みっていう。

出典: icoico

――追い風が吹いてきたな、と感じたのは何がきっかけですか?

桑原:やっぱり2016年に「NHK新人お笑い大賞」を受賞したあとですかね。

多田:営業も増えて、劇場出番が増えて、テレビにも出させてもらって。その頃くらいから、やっと普通に生活ができるようになりました。

――大人気のお二人ですが、そういう時期を乗り越えられてきたんですね。ここから先は、二人の歴史を語るに外せないメニューを一緒に頼みましょう! 「これだけは!」という絶対食べたい料理はありますか?

桑原:もちろんあります! (メニュー表を見て)いろいろ思い出すわ~。

多田:最近ゆっくり来れてなかったから、いろいろ頼んでいいですか?

次回、思い出のメニューをトットが食レポします! 後半へ続く。

【店舗情報】
アメ村社員食堂
●LOCATION
大阪府大阪市中央区西心斎橋2-3-14
営業時間
18:0023:00LO
●TEL
06-6214-0286
定休日
木曜日

※本記事に掲載されている内容は公開時点のものとなります