2016年に「NHK新人お笑い大賞」を受賞したことをきっかけに露出が増え、男前ぶりも手伝って一気に人気者への仲間入りを果たしたトット。今でこそ大人気の二人ですが、ブレイクまでの道のりは長く明日食べることも精一杯だった時代も。そんな時、彼らのお腹を満たしてくれたのは「アメ村社員食堂」さんだったといいます。後編では、「アメ村社員食堂」さんの思い出の味やイチオシの料理について語ってもらいました。

前編はこちらでチェック!

ここでしか味わえない。トット 一推しのメニューを紹介!

出典: icoico

普通の居酒屋では出会えないメニューも勢ぞろい!

――ではさっそく、まず食べたいものといえば

多田:名物の「大阪塩手羽」(1100円、3本~)ください!

桑原:あと、「アメ村社員食堂」のメニューじゃないんですけど「ザ・イカが」も出前で持ってきてもらえる、「イカ焼き」(350円)もらっていいですか?

出典: icoico

――ちなみに使っている塩は、世界中の塩100種以上から厳選した塩をブレンドしているそうです。

多田:なるほど! この塩手羽、パパ一推しのメニューなんです。外はパリパリで中はふっくらしてて、めちゃおいしい! 旨味とほどよい塩気でビールが進むわ~。

出典: icoico

桑原:ツウは関節部分を折り曲げて、二つに分けて食べるんですよ。

出典: icoico

――おぉ~、さすが食べ慣れていますね。では続いて「イカ焼き」も到着しました!

出典: icoico

多田:(一口食べて)あぁ~、いろいろ思い出すわぁ。これ、注文しすぎてパパに「もう焼き方教えたるから、自分で焼いて食え!」って言われた(笑)。安いしうまいし、お金がなくても安心して頼めたな。

桑原:僕、もじゃ吉田(吉本新喜劇)とイカ焼き食べてる時、ちょうど多田ちゃんがテレビに出ててね。「がんばってるなぁ」って言いながら食べてたの、思い出した。

多田:『ロケみつ』(毎日放送)やな(笑)。懐かしい。

――ちなみにこちらのイカ焼き、ビタミンEが通常の卵の30倍という、最高品質のこだわり卵を使っているそうです。なんと1100円もするそうですよ!

出典: icoico

多田:「いい卵使ってる」とは聞いてましたけど、そんないいやつを使ってるんですか!? どおりで旨いわけやな。

桑原:あと、ソースもちょっと他の店とは違うんです。マヨネーズにフレンチドレッシングを配合したような、サラッとしてるんやけどコクのある感じで。

幻のオリジナルメニュー。本場のガリチューと一緒にどうぞ!

全国でも数件しか味わえない幻のあの味がここに!

――そろそろ2杯目、いきますか? 

桑原:そうや! じゃあ、ガリチュー(380円)お願いします!

出典: icoico

多田:お寿司屋さんのガリを入れたチューハイのことで、けっこう今人気なんですけど、この「ガリチュー」、実はパパが考えたらしいんですよ! 配合とかはここが発祥やって聞いてます。

桑原:飲み切ったら、おかわりは「追いチューして」って、チューハイだけ追い足してもらうんです。もう「追いチュー」って言いたいからおかわりしてるようなもんです(笑)。で、ガリを追加したい人は「追いガリ」(追加料金なし)もできますよ!

――そして超貴重な!「牛レバ刺し風」(1,500円/入荷次第・電話で要予約)です! ママ曰く、「この味、懐かしい」と涙を流したお客さんもいたそうですよ。

出典: icoico

多田:あぁ~この味、この味! 保健所が認めた方法できちんと処理されてて、全国でも数店舗しか扱えないそうなんですよ。もはや幻ですよね。

桑原:生レバですけど、味は生レバーそのままの風味!

こだわり尽くしの超逸品。シメの一品はこちら!

一つ一つの食材に妥協なし。旨みがぎゅっと詰まった「牛鉄」

――そして、いよいよ最後は「牛鉄(牛肉鉄鍋)」(1人前1,680円)の登場です! ママが鍋に割り下を注いでくれます。

出典: icoico

出典: icoico

多田:ママ、ありがとう! わぁ~、グツグツいうてる。

桑原:う、うまそう

ママ:「すき焼き」って一人暮らしだとなかなか家で食べないでしょう? だから1人前からでも!

――うれしい心遣いです!せっかくなのでママさん、美味しさの秘密を教えてもらえますか?

ママ:まず淡路産の玉ねぎともやし、肉は黒毛和牛が1人前、150g入ってます。脂がしつこくなくて、あっさりいただけますよ。できあがったらこだわり卵に漬けて食べてもらうので、オリジナルの割り下はあっさりした味付けに仕上げてます。

出典: icoico

多田:肉の旨みが玉ねぎともやしに染みてて、めっちゃ食べやすい!

桑原:普通のすき焼きって濃くなりがちやけどここの「牛鉄」はあっさりしてて、卵がおいしいから、肉と野菜の味がますます引き立つんですね~。ちょうどいいサイズなのも高ポイント!

――そしてシメは、旨みがたっぷり出た割り下に、うどん(300円)を入れていただきましょう!

出典: icoico

桑原:うん、これこれ!肉と野菜の旨味がよく染み込んでる。

多田:はぁ~、最高に幸せでした! 僕ら実家も大阪やけど、この店も実家みたいな存在です。

選りすぐりの食材を使った珍しいメニューが揃いながらも、ご夫婦の良心でリーズナブルに味わえる、アットホームな「アメ村社員食堂」。大阪にお越しの際はぜひ立ち寄ってみて下さいね。

価格はすべて税抜価格です。

【店舗情報】
アメ村社員食堂
大阪府大阪市中央区西心斎橋2-3-14
営業時間
18:0023:00LO
●TEL
06-6214-0286
定休日
木曜日