“能”は、およそ700年前に生まれ、観阿弥、世阿弥などによって大成された、歌舞を中心とした象徴劇です。世界的にも古く歴史のあるもので、2008年にユネスコの『無形文化遺産』に登録されました。

そんな能を気軽に体験できるのが、大阪市中央区にある『山本能楽堂』の“能楽体験講座”です。その一部をご紹介しましょう!(※この体験講座は10名からの受付となります)

出典: icoico

 

面白く分かりやすい!能のお話

出典: icoico

最初に、観世流能楽師のシテ方の先生が能の話を分かりやすく教えてくれます。

たとえばこちらの2つ、片方は10代、片方は20代のお面です。その違いは、僅かな髪の乱れ。その僅かな違いで迷いを表し、年齢が異なるそう。

そして能面を少し下を向けると悲しい顏になり、少し上を向けると嬉しい表情になる。「あら悲しや~、あら嬉しや~」という能楽師の透き通った声が心に響き、ドンドン話に引き込まれていきます。

出典: icoico

能というのは、映画のようにストーリーがどうこうというものでなく、形式の中で動いているもの。見る人がどう感じるか、個人の感性や想像力で楽しむものです。それをリアルに体験できるのが、この講座です。

出典: icoico

マイクは使わず全て生声。これを生で見て楽しむ臨場感や光と影の変化は想像力をかきたてていきます。虚像がドンドン実像になって行く凄さこそ、能の醍醐味といえるでしょう。

こちらの般若の面は怒った女の人の顏。嫉妬の目をして牙があり、髪の毛は乱れて、角が生えている。いわば生霊です。暗い中、見え隠れするお面と生音が心を打ち、感性は研ぎ澄まされていくなかで、般若の面が近づいてくる生の迫力があります。

一度体験したら、これをキッカケに能にハマってしまうかもしれませんね。

 

一生に一度はやってみたい!能装束の着付け体験

出典: icoico

続いて能装束の着付け体験です。

この『能楽体験講座』は、前述の通り10名からの団体が基本となります。この着付け体験は全員ができるわけではなく、代表者が体験し、ほかの方はその様子を見る形です。もちろん、仲間の一人が能装束を着て能面をつける姿を見るのも楽しいですが、滅多にできない貴重な体験、恥ずかしがらず積極的に体験するのが絶対におすすめ!

出典: icoico

これは、なんちゃって着付けではなく、本物の衣装なんです!

出典: icoico

能楽師が着付けをしてくれるなんて、まさに一生に一度の体験でしょう。

出典: icoico

そして最後に能面をつけます。

出典: icoico

能面をつけた先に見える世界は、双眼鏡と同じで距離感がわかりづらくなります。舞台の柱が、方向や距離を測るのに重要であることが分かるはず。

そして、謡(登場人物の台詞と地謡とよばれるコーラス部分)の指導を受けます。

出典: icoico

これは“シオリ”と呼ばれる能の“泣く型”です。顔を下に向けるだけで、悲しみや涙を表現します。

出典: icoico

次に、扇子をかざして顏を上げるだけと今度はよろこんでいる表情に……! 能は本当に奥深いですね。

 

山本能楽堂のさまざまな催し物

出典: icoico

『山本能楽堂』は、地下鉄谷町線谷町4丁目駅の4番出口より徒歩で約5分。『大阪城』や『大阪歴史博物館』も近く、大阪観光に便利な場所に位置しています。

この山本能楽堂では、今回の『能楽体験講座』以外にも『能楽堂見学会』や『能楽鑑賞会』などが開催されています。また、先着50名で参加費無料の小学生を対象とした『能の寺子屋教室』も年に数回開かれていますよ。

このほかにもさまざまな催し物がありますので、詳細は公式サイトで確認してみてくださいね。

山本章弘 プロフィール
1960年大阪に生まれる。観世流能楽師。重要無形文化財保持者総合指定保持者。
山本能楽堂を中心に「現代に生きる魅力的な芸能」として、能楽の普及と継承につとめる。子どもたちへの能の次世代教育も積極的におこない、これまでに全国で5万人以上の子どもたちに能の魅力を伝える。
また、ブルガリアを中心に、東・中央ヨーロッパと日本の能を通じた国際交流につとめ、ヨーロッパ最大規模のシビウ国際演劇祭(ルーマニア)に4年連続招聘を受け出演。
2017年秋大坂城とブルターニュ大公城(フランスナント市)の友好城郭提携の際には能の公演を実施し国際親善につとめる。
外務大臣表彰、国土交通大臣表彰「手づくり郷土賞」、国際交流基金「地球市民賞」、博報賞、ティファニー財団伝統文化大賞、関西元気文化圏特別賞など受賞。
公益社団法人能楽協会理事、公益財団法人山本能楽堂代表理事、特定非営利活動法人べっぷかんこうかい理事長 京都造形芸術大学客員教授

【施設情報】
山本能楽堂
●LOCATION
大阪府大阪市中央区徳井町1丁目3-6
●TEL
06-6943-9454
●営業時間
10:00~17:00
●休業日
不定休

文・写真/旅人間
※本記事に掲載している情報は公開時点のものになります

【関連記事】

※ 大阪の「エンタメ」に関する記事はコチラでチェック!

大阪観光のちょっとした休憩に♡ 「癒やされること間違いなし」小動物ふれあいカフェ3選

大阪のナイトライフはココへ!ドラァグクイーンショーが楽しめる「do with cafe」