やぁ。ナニワのグルメ王 てつじです。

出典: シャンプーハットてつじ

グルメはただ旨いという“味”をもとめるのではなく、
料理人がこんな事にこだわって造った、“人柄 や人情”
人がもっている“味”をさがす時代となりました。

そう、「外食は旨いのは当たり前」

さぁ、私が「旨いの向こう側」へ誘いましょう。
 

第十三章「極地的グルメ」

出典: シャンプーハットてつじ

いわゆるご当地グルメだが、
さらに範囲を狭めたのが、
この極地的グルメと私は銘打っている。

今回ご紹介するのは、長崎は五島列島で食べられている五島うどん。
お店の名前は長崎五島うどんの店 510 (ごとう)

出典: シャンプーハットてつじ

こちらのうどん。
なんと乾麺うどん。
うどんで乾麺は聞いたことがない。

タトゥーを入れた力士ぐらい聞いた事がない。
胡麻油で手延べしている!!
また茹で上がっても伸びない。

出典: シャンプーハットてつじ

うどんは包丁できるので断面が四角だが、
ごとううどんは乾麺なので断面が真円。

出典: シャンプーハットてつじ

またこれが素麺のように、ちゅるちゃるいく。
地獄炊きと銘打った、釜揚げうどんスタイルにつけ汁をセット。

出典: シャンプーハットてつじ

ノーマルは卵やあご出汁がついてくるのだがそれだけではない。
スダチや納豆卵、なんとカルボナーラまで。
何種類ものつけ汁につけて味を変えて
うどんを楽しむニュースタイルだ。

出典: シャンプーハットてつじ

いや関西では知らなかっただけで、
五島列島ではオールドスタイル。
讃岐の釜玉が五島列島ではニュースタイルだろう!!

大将に「ご出身は五島列島ですか?」と聞くのは
風呂入る時「裸ですか?」と聞くぐらいやぼやし、
もし違かった時の空気感が怖くて聞いていない。

是非、ご賞味頂きたいし、ご出身を聞いて欲しい。

 
いかがでしたか?
極地的グルメ=ニュースタイルなのかもしれません。
私も、ならではのニュースタイルでプロデュースしているつけ麺屋、それが帰ってきた宮田麺児なのです。

小麦にこだわり、スープにこだわり、器にこだわっています。
お取り寄せもできちゃいます。

ちなみに、唎酒師の資格も持っています。
日本酒が好きすぎて、お米から日本酒を作ろうともしています。

関西ローカルで放送中の情報番組「ミント!」(MBS)では
わざわざグルメ調査隊というコーナーも担当させていただいています。

なぜ、その店はわざわざその場所に店を構えたのか?
なぜそのグルメなのか?
意外な場所にある店や、意外な背景を持つ店に訪れ、
“わざわざ”の理由を探ったりもしています。

そう、今や「外食は旨いのは当たり前」
時代が追い求めるのは「旨いの向こう側」なのです。

【施設情報】
長崎五島うどんの店 510 (ごとう)
●LOCATION
大阪府大阪市北区黒崎町5-17
●TEL
06-6485-8878
●営業時間
11:30~14:30
18:00~23:00
●定休日
なし
●Rettyはこちら

文・写真/シャンプーハットてつじ

【関連記事】

吉本芸人の記事はこちらでチェック!

本日M-1準決勝!シャンプーハットてつじと準決勝出場芸人が語る福島の熱い夜

シャンプーハットてつじの鉄板。主役はつるつるモチモチ食感の麺!

シャンプーハットてつじが誘う梅田の黒い衣の豚カツ!【行こうゼ!“旨いの向こう側”へ。】

シャンプーハットてつじが愛す!肉激戦区西中島南方で肉好きが通う焼肉屋【行こうゼ!“旨いの向こう側”へ。】

【行こうゼ!“旨いの向こう側”へ。】シャンプーハットてつじの「大阪通をうならせる、『551』」

【なんば】ミキの下積み時代の思い出の味「中華そばふじい難波千日前店」

【なんば・千日前】大阪来たら食べなあかん!グッピーこずえの食べ歩き定番おやつの旅