出典: icoico

JR環状線の野田駅近くの地獄谷が、最近注目を浴びているのはご存じでしょうか? 昭和30年~40年代には、戦後の闇市として50軒以上のスナックや酒場が栄えていたそう。

“百聞は一見に如かず”ということで、「地獄谷どんなもんやねん!?」と鼻息を荒げながら、icoico編集部が野田にある地獄谷エリアに潜入してきました!

 

チャーミングなママが健在!ホルモン餃子専門店

出典: icoico

日が暮れた頃、一軒家に“餃子”と書かれたピンクのネオンが灯されるこちらは、本町の人気スタンド酒場『スタンドニューサンカク』の姉妹店、『餃子さんかく 地獄谷』。

必食メニューは、国産のホルモンと竹炭を練り込んだ『竹炭ホルモン餃子』(1人前 350円)。食べ方は自由ですが、酢コショウにアクセントで付いた柚子胡椒をのせてあっさりと食べるのがおすすめ。

出典: icoico

月曜と金曜担当、元気ハツラツ(?)でチャーミングなユカリさんをはじめとした、個性的なキャラクターのスタッフが曜日ごとにローテーションして店を切り盛り。

出典: icoico

餃子のほかに、特製のトムヤムクンに漬け込んだ『トムヤムうずら』(300円)やメンマなど、中華的な小皿料理も充実。また、『ポテサラ巻きたまご』など、ユニークな卵料理もラインナップしています。

【店舗情報】
地獄谷餃子さんかく
●LOCATION
大阪市福島区吉野2-13-8
●TEL
080-6226-4939
●営業時間
19:00~翌1:00(L.O.00:30)
●定休日
日曜、祝日

 

アテカレーを楽しめるネオ大衆酒場

出典: icoico

次にご紹介するのは地獄谷の入り口、新橋筋商店街にある『キッチン725』。2019年5月にオープンした立ち飲み店で、2階はバーバーという変わったお店なのです。

出典: icoico

そんなキッチン725のイチ押しメニューは、レッド、グリーン、キーマ、おうちカレーの4~5種類がランダムに変わる『本日の725カレー』(750円)。単身のお客さんも多いことから、しっかりめの晩ご飯をはじめ、アジフライや厚切りハムカツなど、ついついお酒が進むアテも充実しています。

出典: icoico

『ハイボール』(420円)に合わせた写真のカレーは、グリーンカレー。同店のカレーはスパイスがしっかり効いているので、カレー好きからも好評です。

【店舗情報】
キッチン725(ナナニーゴ)
●LOCATION
大阪市福島区吉野2-13-18
●TEL
なし
●営業時間
18:00~24:00(フードL.O.23:00、ドリンクL.O.23:30)
●定休日
不定休

 

飲みの〆には、極めつけのジントニックでフィニッシュ

出典: icoico

ハシゴ酒を楽しんだ後にぜひおすすめしたい一軒が、地獄谷を牽引するその名も『地獄谷冥土バー』。こちらは地獄谷で10年続く店で、若い頃からこのエリアに惹かれ、通っていたマスターが遊びで始めたお店なのだとか。

出典: icoico

ここでオーダーすべき一杯は、提供時に青々と光り輝く『冥土のジントニック』(1,000円)。無類のジントニック好きというマスターが、甘くないジントニックを試行錯誤し完成したこちら。一杯につき使用するライムはなんと一玉! ライムを増やすことで酸味が増し、すっきりとした風味に仕上がるのだとか。

また、海外のトニックウォーターを使用し、ブラックライトを当てると光るので、“ユニークなジントニック”としてメディアからも大人気なんです。

出典: icoico

店内は、1階のカウンターに加え、2階には4~10名ほどが入るテーブル席も。ただし、マスターが1人で切り盛りしているので、2階までマスター手作りの手動のエレベーターが運んできてくれます。真上にはブラックライトも固定されているので、大人数でも盛り上がること間違いなし! 席へはセルフサービスでお願いしますね。

【店舗情報】
地獄谷冥土バー
●LOCATION
大阪市福島区吉野2-13-2
●TEL
06-6444-2459
●営業時間
20:00~00:00(L.O.23:30)
●定休日
日曜、祝日

出典: icoico

今回、潜入した地獄谷。怪しげな路地裏の先は、個性的なお店が今なお存在するノスタルジックなエリアだったのが印象的です。当時の闇市の名残ゆえ、秘密基地のような珍しい建物の構造にも惹かれました。

「ちょっとオモロイとこあるんやけど、行けへん?」を誘い文句に、パートナーや友人とでかけてみてはいかがでしょうか?

文/永元路夕(TRYOUT)
※本記事に掲載している情報は公開時点のものになります。
※価格はすべて税別です。

【関連記事】

※ 大阪の「グルメ」に関する記事はコチラでチェック!

やわらかお肉がたっぷり!夢のような「絶品ローストビーフ丼」

濃厚スープに“もっちり”麺が激ウマ!天六周辺のつけ麺の名店3選