京都といえば、頭に浮かぶのは、“落ち着いた雰囲気の和室に、美しい和服を着て、静かに座りながら抹茶を味わっている光景”ではないでしょうか?

でも、抹茶を飲みたくても、伝統ある京都の茶室や料亭は高級感に溢れ、敷居が高いですよね。そこで今回は、気軽に香り高いお茶を楽しめる京都のカフェをご紹介します。

 

1.抹茶を点てる楽しさを体感「TEO KAFON」

出典: icoico

『TEO KAFON』は、新京極通と六角通りを東側に曲がった角にあります。“TEO”と“KAFON”はエスペラント語で“お茶”と“コーヒー”という意味で、日本のお茶文化と海外のコーヒー文化が融合していることを表しているのだとか。

出典: icoico

明るい雰囲気の外観は、ヨーロッパの小さな町のカフェを彷彿とさせます。まさかここで本格的な抹茶がいただけるなんて思いませんよね。

出典: icoico

看板のデザインもとても新鮮で明るい雰囲気。英語での紹介文もあるので、旅行客にわかりやすいのもポイントです。

店内は、静かで穏やかな雰囲気。木製の階段から壁にかけられた植物まで、至るところに同店の日本のお茶文化に対する理解と、日本のお茶文化を守っていこうという意思が感じられます。

抹茶の作り方は、わかりやすく挿絵で案内されています。デザートセットも写真つきで、メニューも分かりやすく美しく作られています。随所に店舗スタッフの工夫が感じられますね。

『TEO Set(テオセット)』はぜひお試しください。スタッフが正しいお茶の作り方を教えてくれますよ。

TEO Setのほかに、一番人気で有名なのは『Matcha Sweets Plate』という5種類の抹茶のお菓子が載ったセット。

出典: icoico

それぞれチーズとミルクをベースにしたタルト、口当たりが柔らかなロールケーキ、抹茶の粉末を混ぜ込んだチョコボール、サクサクで香り高いビスケット、クリームを包んだエクレアにうっとり……。

どれも小ぶりなサイズなので、ワンプレート食べても飽きがきません。

出典: icoico

お支払いは現金のみの対応となっています。

【店舗情報】
TEO KAFON
●LOCATION
京都府京都市中京区桜之町447
●TEL
075-223-1400
●営業時間
11:00~18:00(L.O.17:30)
●定休日
火曜

 

2.優雅な木箱に入った宇治抹茶の香り「錦一葉」

『錦一葉』はにぎやかな『錦市場商店街』に位置し、河原町駅からたった3分のところにあります。

1階はアイスクリームと抹茶スイーツのお持ち帰り窓口で、ふらっと通りがかった人にはうってつけ。

店内にゆっくりと腰掛けると、日本庭園の美しさと商店街の賑わいがまるで2つの別の世界のようで、せわしない心も瞬時に落ち着けることができます。

出典: icoico

錦一葉の最も有名なメニューは『抹茶フォンデュ』です。名前だけみると一般的なスイーツセットのようですが、なんと同店の“フォンデュ”は優雅な木箱に入っているのです。

木箱は3段に分かれていて、一番上は“ソース”。抹茶とほうじ茶の2つの味があり、同店が厳選した上級の宇治茶を使用しています。

下の段は小さな引き出しになっていて、まるで宝箱のような高級感と優雅さを兼ね備えています。

真ん中の段は栗のスイーツとお団子で、一番下は果物と果物の砂糖漬けが入っています。

竹の葉と金箔の装飾により、3層のスイーツたちからはまるで会席料理のような優雅さが漂います。

出典: icoico

最近は、海鮮丼などの伝統的な日本のお弁当も販売中。錦市場商店街を歩き疲れたら、錦一葉で足を休めれば、高級料亭にも負けない体験をすることができますよ!

【店舗情報】
錦一葉
●LOCATION
京都府京都市中京区錦小路通御幸町西入鍛治屋町210
●TEL
075-253-1118
●営業時間
10:00~18:00(L.O.17:30)

 

3.抹茶とミルクのマリアージュ「MACCHA HOUSE 抹茶館」

『MACCHA HOUSE 抹茶館』は京都市の中心、四条河原町にある、新しい抹茶のスイーツ店です。

2015年に開業して以来人気が衰えることなく、『宇治抹茶のティラミス』や『宇治抹茶のタピオカミルクティー』が人気商品となっています。

出典: icoico

宇治抹茶ティラミスにはマスカルポーネチーズを使用しており、一般的なティラミスに比べて濃厚な口当たりです。

上部にさっぱりとした抹茶の粉末をかけることで、クリームと抹茶の香りが口の中でとろけだし、甘さとお茶の苦さが絶妙なバランスに。抹茶とティラミスの味と食感が絶妙にマッチしていますよ。

【店舗情報】
MACCHA HOUSE 抹茶館
●LOCATION
京都府京都市中京区河原町通四条上ル米屋町382-2
●TEL
075-253-1540
●営業時間
月~木、日、祝日 10:00~21:00(L.O.20:30)
金・土・祝前日 10:00~22:00(L.O.21:30)
●定休日
無休

 

4.オリジナルメニューが大人気「茶筅」

京都伊勢丹の10階にお店を構える『茶筅』。オリジナルメニューが人々を楽しませ、開業してすぐに京都の人気抹茶店になりました。

京都の会席料理の“八寸”と呼ばれるメニューからインスピレーションを受けてデザインされた『抹茶の玉手箱』は、箱を開けるとほんわり湯気に包まれます。

ただし、このメニューを食べたいなら早めにお店に行きましょう。午後は基本的に完売してしまいます!

出典: icoico

こちらは『抹茶ビール』。抹茶とビールがぶつかったら、どんな化学反応が起きるのでしょう?

出典: icoico

抹茶パフェのもう1つの形態『お抹茶ピッツァ』。

出典: icoico

『抹茶ふわふわクリーム氷』は、抹茶のゼリーと小豆が加わることで、食感がさらに豊かになります。

【店舗情報】
茶筅
●LOCATION
京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町901 京都駅ビル10F 京都拉麺小路
●TEL
075-352-3401
●営業時間
11:00~22:00(L.O.21:30)
●定休日
不定休

今回のご紹介はここまで! さっそく新鮮な京都の抹茶巡りに出かけましょう!

※本記事に掲載されている内容は公開時点のものとなります

【関連記事】

※ 大阪の「グルメ」に関する記事はコチラでチェック!

欲張りすぎっ!腹ペコさん必見「オムライス×トンカツ」の絶品メニューが激ウマ

まさに「ご馳走バーガー」!大阪の激ウマハンバーガー店2選