今回ご紹介するのは、地下鉄「肥後橋」駅から徒歩6分の場所に2019年10月にオープンした『酒と肴とせいろ蒸し オオサカチャオメン』。天満で大人気の海老バル『orb』出身の上甲博司さんが独立して開いた期待の新店です。

 

個性豊かな「せいろ料理」が揃う

出典:Meets Regional

看板メニューであるせいろ料理は、焼売や蒸し鶏といった王道中華から、カンパチ×山椒、魚醤×アボカドなどの和食から創作系まで、17種類もの食材を蒸し上げます。

もうひとつのウリである『チャオメン』は、上新庄にあった町中華の名物を再現した上甲さん入魂の品。香ばしく蒸し焼きにした麺の下からはエビや野菜がゴロゴロ。極細麺と中華餡が絶妙に絡みあい、シメのつもりがもう一杯……なんてことに。

 

絶品看板メニュー!

©Meets Regional

(写真左から)『アボカドやみつきパン粉』(税抜420円)と、素材の旨みが凝縮した『カンパチ山椒蒸し』(税抜580円)。

©Meets Regional

定番の『チャオメン』(税抜780円)。香ばしい極細麺の食感が、リピート必至の一品です。

【店舗情報】
酒と肴とせいろ蒸し オオサカチャオメン
●LOCATION
大阪市中央区平野町4-7-7 平野町イシカワビル1F
●TEL
06-6484-6233
●営業時間
17:00~翌2:00(日・祝 ~23:30)
●定休日
不定休

(『Meets Regional』2020年2月号P87掲載)編/icoico編集部

【関連記事】

銀座のしびれる麻婆麺、関西に初登場

 

※本記事に掲載されている内容は公開時点のものとなります