鶏肉に衣をつけて揚げた“とり天”は、うどんなどのトッピングとして人気です。数ある天ぷらのなかでも、特にボリューム満タンでコスパも抜群なため、好物という人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、大阪市内でおいしい“とり”天うどんが食べられるお店を3軒ご紹介します!

 

1.大阪駅前ビルの行列が絶えないお店「うだま」

出典: icoico

人気のお店がたくさん集まる『大阪駅前第3ビル』の地下1階で、いつも行列をつくっているお店『うだま』。暖簾には、“うどん……”、“だいじ……”、“まかな……”の文字。その頭文字を取ると、“うだま”。実はこの暖簾には「うどん だいじに、育てて まかない候ふ」と書いてあるのです。

出典: icoico

ここで食べてほしいのは、『とり天生醤油うどん』(950円)。3つのとり天は、それぞれカレー、大葉、ねぎ塩の3種類の具材が入っていて、味の変化も楽しむことができるのです。

出典: icoico

うどんは、お好みで大根おろしとネギをかけ、スダチを絞って、生醤油を上から回しかけていただきます。生醤油のかけ過ぎには注意してくださいね。

出典: icoico

コシがしっかりしたうどんは、噛めば噛むほど口の中に小麦の香りが広がっていきます。一度食べたら忘れられない味です。

【店舗情報】
うだま
●LOCATION
大阪市北区梅田1−1−3 大阪駅前第3ビル B1F
●TEL
06-6344-0277
●営業時間
11:00~16:00(L.O.15:40)、18:00〜20:00(平日)
11:30〜15:30(土曜、祝日)
●定休日
日曜

 

2.打ちたて、茹でたて、揚げたてにこだわるお店「天粉盛」

出典: icoico

続いては、難波から一駅、大国町駅からすぐのところにある『天粉盛』。“小麦命のうどん、こだわり手作りの麺”と書かれているように、麺が自慢のお店です。

出典: icoico

そんな極上の麺に揚げたてのとり天を乗っけたのが、『とり天ぶっかけうどん』(850円)。冷たい麺の上に、揚げたて熱々のとり天が3つと大葉の天ぷらが乗って、ボリュームがあります。

出典: icoico

揚げたてのとり天は熱々でサクッとした食感。胸肉を使っているとは思えないほどに柔らかくてジューシーです。

出典: icoico

冷たく透明感のあるうどんは、心地よいコシとモチッとした食感が楽しめます。揚げたてのとり天と一緒に味わうと、ヒヤアツの食感が楽しめます。

【店舗情報】
天粉盛
●LOCATION
大阪市浪速区戎本町1−7−26
●TEL
06-6599-8778
●営業時間
11:30~15:00
18:00~21:00
※しばらくは昼営業のみ
●定休日
日曜

 

3.住宅地の中にある超人気店「うどん蔵十」

出典: icoico

最後にご紹介するのは、大阪市の北東、旭区にある『うどん蔵十』。駅から10分ほど歩きますが、それでもわざわざ行ってしまうようなお店です。みなさん、通りかかりに偶然入るのではなく、わざわざこちらのお店を目指して来るのだといいます。

出典: icoico

お目当ては、『鶏天カレーうどん定食』(1,030円)。大人気の『鶏天カレーうどん』にかやくご飯が付いた、満足度の高いメニューです。

出典: icoico

同店の鶏天には下味がつけられたもも肉が使われているので、そのまま食べても柔らかくておいしいですが、カレー出汁にたっぷりつけて食べると、最高に贅沢な気分を味わえますよ。

出典: icoico

定食に付いてくるかやくご飯は、同店自慢の出汁がしっかりと効いた逸品。うどんを食べたあとのカレー出汁に入れて食べると、さらなる旨みを楽しめますよ!

【店舗情報】
うどん蔵十
●LOCATION
大阪市旭区中宮1−12−18
●TEL
06-6957-9010
●営業時間
11:00~14:30、18:00〜20:30
●定休日
木曜

文・写真/さいちゃん

※本記事に掲載されている情報は公開時点のものになります

【関連記事】

※ 大阪の「グルメ」に関する記事はコチラでチェック!

“おひとり様”デビューしませんか? サクッと飲める「なんばの立ち飲み店4選」

この量で1,000円以下ってホント!? コスパ最高の「ラーメン大学梅田店」