関西エリアを中心に、新鮮な魚介や野菜、果実、漬物など食流通の中核となっている『大阪市中央卸売市場』。

その市場の中に店を構える寿司店『中央市場 ゑんどう』の寿司は、“つかみ寿司”という独特の方法で提供されているそう。“つかみ寿司”とは、シャリをパッと掴んで形を決め、その上にふわっとネタを乗せるものだそう。

通常の握り方といったいどこが違うのか、早速行って確かめてきました!

 

「大阪市中央卸売市場」の飲食棟へ

出典: icoico

大阪メトロ千日前線「玉川駅」から歩いて約10分。駅から降りてしばらく歩くと『大阪市中央卸売市場 本場』と書かれた看板が見えてくるので、そこをまっすぐ進みます。

奥に見えてくるのは『飲食棟(マイドグルメ)』という看板。うどんやとんかつのお店などが軒を連ねる建物の一角に、今回ご紹介する『中央市場 ゑんどう』も入っています。

 

シャリがふわふわ!絶品「つかみ寿司」

出典: icoico

『中央市場 ゑんどう』の営業時間は6時から14時まで。筆者は今回、7時に訪問し運よくスムーズに入店できましたが、退店時には10人ほどの列ができていました。1時間以上待つこともあるので、早めの訪問をおすすめします。

出典: icoico

店内は、昔ながらのアットホームな雰囲気。席は4人用のテーブル席が数卓と、カウンター席。カウンター席の目の前には新鮮な魚介が並んでおり、大将が握る様を目の前で見られます。

出典: icoico

席には山のように盛られたガリと醤油が。醤油は小皿に入れるのではなく、ハケで直接寿司につけて食べるそう。

出典: icoico

・上まぜ(5貫1,200円)

同店でいただけるのは、『上まぜ』と呼ばれる一皿。旬のネタが5貫セットになっており、おかわりするごとに異なるネタを提供してくれます。もちろんネタを指定することも可能。お好きなネタがあれば入れてもらいましょう。

出典: icoico

一皿目は、穴子・ウニ・鯛・大トロ・ハマチ。赤だし(300円)も注文しました。

どれもネタが分厚くて食べ応えがあります。そしてシャリのふわふわ感がすごい! 普通の寿司のようにギュッと握っていないので、口に入れた瞬間シャリがホロっとほどけて、ネタと一体化します。

出典: icoico

シャリが少し温かい点も、ほかとは違う特徴のひとつです。完全に握っていないため崩れてしまいそうになることもありますが、味は美味しいの一言。この鮮度と味で5貫1,200円は安く感じます!

出典: icoico

一皿目をものの数分で完食し、続いて二皿目をオーダー。

二皿目は、ズワイガニ・赤貝・ホタテ・マグロ・炙り太刀魚の五貫。ほとんど一皿目とネタがかぶっていないのが嬉しいですね。どれもおいしいですが、特にホタテの分厚さと旨みのすごさに驚き! 鮮度のよさを実感しました。

早朝から行列ができるのも納得の味。ぜひいつもより早く起きて、とびっきりの贅沢な朝ごはんを堪能してみてください!

【店舗情報】
中央市場 ゑんどう寿司
●LOCATION
大阪市福島区野田1-1-86
●TEL
06-6469-7108
●営業時間
6:00~14:00
●定休日
日曜、祝日

文・写真/けんけん

※本記事に掲載している情報は公開時点のものになります

【関連記事】

※ 大阪の「グルメ」に関する記事はコチラでチェック!

欲張りすぎっ!腹ペコさん必見「オムライス×トンカツ」の絶品メニューが激ウマ

まさに「ご馳走バーガー」!大阪の激ウマハンバーガー店2選