派手な看板が立ち並び、たこ焼やお好み焼のソースの香りが漂う大阪ミナミの街。今回は、そんなミナミで食べられるおいしい“海鮮丼”のお店をご紹介します!

 

300種類以上の海鮮丼が食べられる「若狭家」

出典: icoico

夫婦善哉や水掛不動尊で有名な『法善寺』の近くにある『若狭家』。お店の看板を見てもわかるように、ここでは300種類以上の海鮮丼をいただくことができるのです。

出典: icoico

好きなネタを自分で選び、組み合わせられるので、市場のような感覚で楽しめますよ。

出典: icoico

今回は、ウニ・イクラ・ねぎとろを組み合わせた海鮮丼(1,320円)をいただきました。

できあがりを見て、そのボリュームにびっくり! 海辺のお店で食べるよりもたっぷりかもしれませんよ。

出典: icoico

ウニ、イクラ、ねぎとろ……。どれから先に食べるか、存分に迷いながら楽しんでくださいね!

【店舗情報】
若狭家 難波店
●LOCATION
大阪市中央区道頓堀1-7-5
●TEL
06-4708-1750
●営業時間
11:00~23:00
●定休日
無休

 

たっぷり海の幸がおひつで楽しめる「四六時中」

出典: icoico

なんば駅直結の地下街『NAMBAなんなん』にある、おひつご飯のお店『四六時中』。ご飯がおいしいと評判で、いろんな定食メニューも揃っています。

出典: icoico

なかでもおすすめが『海の彩りおひつごはん』(970円)。1人前サイズのおひつに炊きたてご飯、その上には彩り豊かに海の幸が散りばめられていて、ひつまぶしのような、3通りの食べ方が楽しめます。

出典: icoico

1杯目は、そのままの味わいを楽しみましょう。ご飯のクオリティも素材の旨みもしっかりしているので、そのままでも十分に満足できますよ。

出典: icoico

2杯目は、一緒に付いてくる“海老味噌ソース”をかけていただきます。さらに深みがある味わいに変化しておいしいですよ。

出典: icoico

最後は、特製の白だしで“だし茶漬け”として楽しみましょう。上にわさびを乗せると、さらに味が引き立ちますよ。

【店舗情報】
おひつごはん 四六時中 なんば店
●LOCATION
大阪市中央区難波5丁目 NAMBAなんなん
●TEL
06-6585-7537
●営業時間
11:00~22:00
●定休日
NAMBAなんなんに準ずる

 

ラーメン店で味わう絶品いくら丼「中華そば食堂IKR51」

出典: icoico

心斎橋駅の少し北側、南船場エリアにある中華そば店『中華そば食堂IKR51』。こちらのお店では、なんと中華そばに並んで“いくら丼”が大人気なんです。

出典: icoico

でてきた『温玉いくら丼』(1,650円)を見てびっくり! 丼一面がたっぷりのいくらで覆われています。

出典: icoico

山のように盛られたいくらを頬張ると、言葉にできないほど幸せな気持ちになります。

出典: icoico

上に乗った温玉を崩すと、温玉のまったりとした味わいと、いくらの旨みが違和感なくマッチ! ぜひ実際に食べてみてくださいね。

【店舗情報】
中華そば食堂IKR51
●LOCATION
大阪市中央区南船場3−11−27 日宝シルバービル 1F
●TEL
06-6120-0051
●営業時間
11:30~L.O.14:30、18:00〜L.O.23:30
●定休日
年末年始

文・写真/さいちゃん

※本記事に掲載している情報は公開時点のものとなります

【関連記事】

※ 大阪の「グルメ」に関する記事はコチラでチェック!

“おひとり様”デビューしませんか? サクッと飲める「なんばの立ち飲み店4選」

この量で1,000円以下ってホント!? コスパ最高の「ラーメン大学梅田店」