2007年に自然派ワインを扱う店として黒門市場で創業後、東京にも進出し、今や知名度は全国区となった「FUJIMARU wineshop(フジマルワインショップ)」。大阪産ブドウでの自社製造ワインも、年ごとに品質が向上しています。そんなワインショップ直営で大阪駅直結の店舗をご紹介。直営ゆえの良心的な価格で豊富な種類のワインを楽しめちゃいます!

 

フジマル食堂 大阪ステーションシティ店

© Meets Regional

ゆったりしたフロアにカウンターとテーブルが計80席あります。自然派ワイン・ダイニングとしてはおそらく日本最大級で、さらには大阪駅に直結という立地の良さ。今までの「自然派ワインの店って、わざわざ出掛ける感じ」というイメージが変わりつつあります。キッチンには、南船場の老舗イタリアン「コロッセオ」出身のシェフなど、3人の気鋭シェフが在籍していて、素朴で力強いイタリア郷土料理のほか、フレンチも提供しています。「堅苦しくない料理を!」の“食堂”感も素晴らしい雰囲気。全100種のボトルは、ワインショップ直営ゆえのオネスト・プライスで、ビギナーからエキスパートまで楽しめます。「自然派ワインは大阪駅で」の時代が到来です!

© Meets Regional

奈良産・倭鴨のロースト、大阪産巨峰ブドウのソース。鴨は昆布締めで旨みアップ。3,280円。

© Meets Regional

イカ墨のリゾット詰め・和歌山産剣先イカの煮込み。「イタリア版・イカめし!」とシェフ。弾けるイカの甘みと、澄んだ潮の香りが感動的。1,480円。

© Meets Regional

プンセ 2012ドル チェット・ダ ル バカンポ・レ(イタリア)。ピエモンテの名手。しっかりとした果実味。グラス850円。

© Meets Regional

クロード・クルトワ2014ルージュ・ラシーヌ(フランス)。ロワールの古豪。亜硫酸無添加。グラス1,200円。

© Meets Regional

ファットリア・アルフィオーレ2017ピアチェーレ(日本)。2017年、宮城に誕生した新進ワイナリー。グラス1,000円。

前菜15種に加え、パスタ、メインまで幅広く、通し営業なのもありがたいですね。コースは3,500円~。グラスワイン15種600~1,400円。ボトル100種3,500円~。

【店舗情報】
フジマル食堂 大阪ステーションシティ店
●LOCATION
大阪市北区梅田3-1-1大阪ステーションシティサウスゲートビルディング16F
●TEL
06-6343-1177
●営業時間
11:00~22:00(L.O.)
●定休日
無休

 

(『Meets Regional』2018年10月号P14掲載)編/icoico編集部

【関連記事】

東京の肉レストランが梅田に関西初出店、生肉も

 

※本記事に掲載している情報は公開時点のものになります。