飲み会後についつい食べたくなってしまうラーメン。せっかくならシメではなく、お昼にお酒と共に味わってみるという選択もありなのでは?

そこで、今回はお酒の肴も充実しているラーメン店3軒をご紹介します。

 

(1)ソーセージやメンマと@友愛亭

© Meets Regional

右ストレート 700円、缶ビール350円、ソーセージ2本100円、メンマ200円(以上税込)。

シンプルなれど醤油の香ばしい風味とスパッとキレのある味わいに、細ストレート麺がスルスルいける正油ラーメンの専門店。かつてボクシング練習生だった店主・中西友彦さんが作るメニューはヘヴィ、アッパーなどボクシングにちなんでおり、また、別盛りトッピングも「リングサイドメニュー」といった遊び心が。

【店舗情報】

© Meets Regional

友愛亭
●LOCATION
大阪市浪速区日本橋4-12-1
●TEL
06-6626-9871
●営業時間
11:00~15:00、17:00~20:30
●定休日
月曜(祝日の場合は営業、翌日休)

 

(2)ふっくら唐揚げが塩スープにマッチ@龍旗信RIZE 大阪なんば店

© Meets Regional

塩そば 780円、瓶ビール500円、海鮮風味塩唐揚げ600円(以上税込)。

今やパリ、ミラノ、バレンシアにも出店と、堺から世界に羽ばたく塩ラーメンの名店。鶏ガラ煮干しにムール貝やエビ、ホタテなど旨みを含んだ塩スープが基本。同じスープで下味を付けた海鮮風味塩唐揚げは、ふっくら柔らかく肉汁ジュワリで、鶏、魚介など何重もの旨みを感じる逸品となっています。

【店舗情報】
龍旗信RIZE 大阪なんば店

© Meets Regional

●LOCATION
大阪市浪速区難波中2-10 なんばこめじるし内
●TEL
06-6644-2523
●営業時間
11:30~16:00、18:00~23:30(土・日・祝11:30~23:30)
●定休日
無休

 

(3)肉アテや水餃子を追加@麺や 信希

© Meets Regional

特製とりとんらーめん1,080円、生ビール390円、チャーシュー盛り合わせ550円、水餃子390円(以上税込み)。

元々讃岐うどん店の店主で「隠れラーメンオタクで食べ歩いてました」という宇野嘉希さん。スープは鶏白湯泡立て系で、卵白の泡を溶かせばさらにマイルドに味変。特製とりとんらーめんには豚と鶏のチャーシュー2種、素揚げカボチャと具だくさんゆえ、それだけでもアテになりますが、肉アテと水餃子追加でさらに充実。乗せ放題の刻みタマネギを一緒に食べることで、さっぱり効果も期待できます。

【店舗情報】
麺や 信希

© Meets Regional

●LOCATION
大阪市中央区難波4-8-11
●TEL
06-6645-0606
●営業時間
11:00~翌1:30
●定休日
無休

(『Meets Regional』2018年11月号P22、24、25掲載)編/icoico編集部

【関連記事】

大阪高島屋、レストランフロアを酒場化

 

※本記事に掲載している情報は公開時点のものになります。