泉佐野市は“日本タオルの発祥の地”と呼ばれ、そこで作られる『泉州タオル』は、明治から受け継がれる伝統のブランドです。今回はそんな泉州タオルと『泉州タオル館』の魅力に迫ります。

出典: icoico

 

「泉州タオル」とは?

出典: icoico

『泉州タオル』は、明治20年に生まれ、130年以上もの歴史がある、日本を代表するタオルブランドです。ここ、大阪・泉州地域は日本のタオル産業発祥の地とされています。

泉州タオルは、“後晒製法”という製法を用いており、吸水性のすぐれた肌触りの良いタオルとなっています。

 

新作のタオルが勢揃い!

出典: icoico

泉州タオル館では、各企業のタオル職人さんが作った新作のタオルが展示されています。これらは、毎年東京やグランフロント大阪などで展示会が開かれている人気モデルです。

出典: icoico

ただし、展示品は本館では購入できません。気に入ったものがあったら、『泉州タオル館 りんくうプレミアム・アウトレット店』もしくは、インターネットで購入してくださいね。

 

『泉州タオル』の販売コーナーも充実!

出典: icoico

新作の展示品以外の泉州タオルについては、本館での購入が可能です。しかも定番の人気商品を中心に、インターネットよりも割引価格で販売しているのが魅力!

販売コーナーは広々としており、ゆっくりお買い物を楽しむことができますよ。

 

店員さんも推薦!おすすめ「泉州タオル」4選

出典: icoico

・泉州美人 フェイスタオル 830円

インド綿オーガニックコットン糸使用した、しなやかで柔らかく、吸水性のよいタオル。洗濯するほどに糸が空気を取り込み、ふわふわな感触が持続するんです!

出典: icoico

カバーヤーン ハンドタオル 440円

毛羽落ちの少ない無撚糸(カバーヤーン)を使用した、風合いのよいタオル。ブランドマークが目を引くネームタグと、タオルの下側にスリムな3本ラインがアクセントとして入っているのも特徴です。

出典: icoico

匠 ハンドタオル 363円 

泉州タオルで一番人気のブランドが『匠』。カラーバリエーションも10種類以上あるので、ギフトにも最適です。厳しい吸水水準を設け、徹底に品質管理されて織り上げられたタオルなのだそう。

出典: icoico

・ムコタオル ハンドタオル 440円

生成の過程で、糊や蛍光増白材、柔軟剤を一切使用せず、CO2の削減や水質汚染の軽減など、非常に環境に優しいタオルが『ムコタオル』。敏感肌の方や赤ちゃんでも使用しやすいタオルですよ。

 

「泉州タオル館 本店」へのアクセス方法

出典: icoico

『泉州タオル館 本店』の最寄り駅は、「南海泉佐野駅」です。『関西国際空港』からは電車で10分もかからず到着しますよ。

出典: icoico

南海泉佐野駅からは、徒歩15分程度で到着です。

出典: icoico

駅からは、そのまま府道247号線をまっすぐなので、道に迷うこともありませんよ。

【店舗情報】
泉州タオル館 本店
●LOCATION
大阪府泉佐野市市場西1-8-8
●TEL
072-464-4611
●営業時間
10:00~17:00
●定休日
土日祝

文・写真/いちまろ夫婦

※本記事に掲載している情報は公開時点のものになります

【関連記事】

大阪の「買い物」に関する記事はコチラでチェック!

新大阪・京都・新神戸“駅ナカ”で買える関西土産まとめ

外はカリカリ、中はしっとり!食感が病みつき「マダムシンコ」のバウムクーヘン