カレー激戦区と言われる西区では、スープカレーのお店が激増中! なかでも厳選した2軒をご紹介。超本格的なスープカレーの味をぜひご堪能ください!

 

本場仕込みの入魂スープカレー

・SAPPORO SOUPCURRY JACK

©Meets Regional

定番のチキンベジカレー1,130円(税込)。シャープな辛みと濃密なスープのコクが響き合う重層的な余韻の広がりは圧巻の一言。現地流にライスに添えたレモンを搾ると、後味が爽やかに。

スープカレーに魅せられ、脱サラ後、本場札幌で8年修業し、大阪で独立した店主・眞壁敦士さん。現地ならではの特徴は、具材の野菜の味を最大限に生かしていること。食感や甘みを引き出すため、食材ごとに仕込みをすべて変えるこだわりようで、「素人が手を出すと痛い目を見る」との言葉も頷けます。さらにベースのWスープは豚骨・鶏ガラに昆布と2種類の節でと、さながらラーメン屋のようです。スープカレーの醍醐味を凝縮した渾身の自信作を味わってみてください。

辛さは5段階から選べるので、お好みの辛さで調節することができます。多彩なトッピングではブロッコリーがイチ推し!

【店舗情報】
SAPPORO SOUPCURRY JACK

©Meets Regional

●LOCATION
大阪市西区新町3-8-9 白髪橋ビル1F
●TEL
06-6710-9654
●営業時間
11:30~14:30、18:00~21:30
●定休日
不定

 

変幻自在のカスタムで魅了。銀座の人気店が大阪初見参

・YELLOWSPICE

©Meets Regional

一番人気はチキンスープカリー(バターターメリックライス付き)1,200円(税込)。こっくりまろやかなスープの余韻に、じわじわ広がるスパイスの芳香が後を引きます。スープカレー専門店として初の『ミシュラン・ビブグルマン』にも選ばれた、東京・銀座の人気店が関西に初上陸。5種類のスープを、関西では赤・黄・濃黄という精鋭の3種類に厳選し勝負!

鶏ガラ、豚骨をベースにじっくり煮込んだスープは、じんわりと広がる刺激の奥に、ほのかに和の風味も香るあっさり仕立てに。自家配合のスパイスとスープの旨みの調和は、辛いもん好きならずともやみつきになる味わい。辛さは20段階から選べ、トッピングも30種類と幅広くあるので、自分だけのひと皿が楽しめます。

スープは、トマトの甘みを生かした赤が女性に人気で、濃黄は厚みを増したスパイス感がクセになります。スタイリッシュな空間で女性も入りやすいのが魅力です。

【店舗情報】
YELLOWSPICE

©Meets Regional

●LOCATION
大阪市西区北堀江1-14-10 中内ビル1F
●TEL
06-6539-0102
●営業時間
11:30~15:00、17:00~21:30(土・日・祝11:30~21:30)L.O.21:00
●定休日
無休

(『Meets Regional』2019年3月号P76掲載)編/icoico編集部

【関連記事】

スープストック、大阪で初カレー居酒屋

 

※本記事に掲載している情報は公開時点のものになります。