『あべのハルカス近鉄本店』では、3月5日(木)より『いちごPARTY 2020』を開催!

日本全国と韓国からいちごスイーツを扱う話題のお店が約20店集まります。いちごをイメージしたメルヘンチックな装飾の会場で、いちごスイーツを楽しんでくださいね。

 

関西ではなかなか食べられない話題のスイーツが登場!

出典:あべのハルカス近鉄本店

・いちごぱふぇ 1,958円 (北海道 ベリーベリークレイジー)

〆パフェ文化で有名な北海道からは、2019年7月にオープンしたいちごスイーツ専門店が関西初登場!

パフェには夏いちごの生産量日本一を誇る“浦河町”のいちご農家『うらかわ菅農園』直送の冬いちご『かおり野』をはじめ『やよいひめ』『恋みのり』を使用。いちご1パックを使用したパフェは、食べ応えもSNS映えも抜群です。

・いちごのシンデレラ 2,000円 (写真左:福井 ノラカフェ)

パフェの中には、いちごゼリーやいちごアイスクリームも入っていて、さっぱりとした味わいです。

・スカイベリー苺サンド(1パック・3切入) 1,383円(写真右:栃木 フルーツダイニング8010(パレット))

上質な生クリームと栃木県のブランドいちご『スカイベリー』が味を引き立て合う極厚サンドです。

 

いちごたっぷり!こだわりパフェも多数

出典:あべのハルカス近鉄本店

・いちごやま 1,800円 (京都 FUKUNAGA901)

毎日開店前に行列ができ、開店直後には整理券が完売してしまうという『いちごやま』は、22個分の「あまおう」を使用した贅沢な一品。

たっぷりのいちごに加え、上から順に生クリーム・ミルクアイスクリーム・いちごシャーベット・いちごピューレ入りライムゼリー・カスタードクリームが隙間なく詰められています。ショートケーキにほんのり清涼感を加えたような、さっぱりとした味わいです。

・いちごあいす 1,100円(写真左:大阪 モモベジ)

大阪府柏原市に店舗を構える『モモベジ』が初登場。『あまおう』を使用したソフトクリームの上には、奈良県生まれのいちご『古都華』をふんだんにトッピング。酸味がなくやさしい甘みの古都華と、あまおうソフトクリームの組み合わせを楽しめますよ。

・あまおうとティラミスのパルフェ 2,300円(写真右:石川 ドルミール)

自家製ティラミスの中には、あまおういちご・紅茶のジュレ・ガトーフロマージュ・エスプレッソアイスクリーム・いちごアイスクリームがバランスよく詰められています。エスプレッソの苦みと、あまおうの甘酸っぱさが絶妙で大人な味わい。

 

SNSで話題のスイーツも!

・いちごのチョッピリーソフト(ミックス) 650円(写真左:大阪 ストロベリーマニア)

西日本を中心に、全国からその時期一番おいしいいちごを厳選して作られています。甘酸っぱいいちごとミルクソフトが相性抜群です。

・かき氷 生いちご 1,100円(写真右:韓国 ホミビン)

2016年に日本上陸し、今なお人気のかき氷専門店が百貨店初登場。いちご果汁を氷にしているため氷そのものに味がついて、まるでジェラートのようなかき氷です。いちご・スライスアーモンドがトッピングされていますよ。

【開催概要】
いちごPARTY 2020
●LOCATION
大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス近鉄本店 ウイング館9F
●開催日時
2020年3月5日(木)~8日(日) 10:00~20:00 ※最終日は17:00閉場

編/icoico編集部 写真/あべのハルカス近鉄本店

※本記事に掲載されている内容は公開時点のものとなります

【参考】【あべのハルカス近鉄本店】いちごPARTY 2020 – @Press

【関連記事】

※ 大阪の「イベント」に関する記事はコチラでチェック!

今が見ごろ!手ぶらで行ける中之島バラ園「お昼間BBQ」で秋を満喫

大阪文化・芸術が50以上集結!「大阪文化芸術フェス2019」開催中