百貨店の地下にはご馳走がズラリ。惣菜はもちろん、和菓子や洋菓子などジャンルを問わず数多くのお店が出店しています。

今回はなかでも、『阪急うめだ本店』、『阪神梅田本店』の地下1階で購入できる“チョコ菓子”についてご紹介!

 

1.濃厚チョコレート菓子専門店「ザ・テイラー」

出典: icoico

2019年11月に出店した『ザ・テイラー』は、まるでヨーロッパのチョコレート店のような雰囲気。

出典: icoico

ショーウインドウには、チョコレートをふんだんに使用したお菓子がたくさん! 写真手前の『ザ・フォンダン ショコラフィナンシェ』は、1日数量限定の超人気商品なので、開店と同時に購入するつもりで狙いましょう。

出典: icoico

・ザ・ショコラクチュール 6個入り 1,296円

こちらが、ザ・テイラーの定番『ザ・ショコラクチュール』。

出典: icoico

可愛いパッケージに入っていて、左がヘーゲルナッツ味、右がいちご味です。

出典: icoico

ココアベースのクッキーの表面にも、オシャレな柄がたくさん!

出典: icoico

クッキーの中には、マイルドなミルクチョコに包まれた、各2種類のソースがサンドされています! 「これを食べたら市販のチョコサンドは食べれないのでは?」と思ってしまうほど、病みつきになる1品です。

2.こだわり20層のミルクレープ「casaneo」

出典: icoico

ミルクレープを世に産んだシェフが立ち上げたブランド、それが『カサネオ』です。

出典: icoico

プレーンとショコラのミルクレープをメイン商品とし、各種ケーキ類も販売しています。

出典: icoico

・はじまり 500円

1988年に誕生して以来、守り続けられている食感を味わえる、そんな名前の如くミルクレープの元祖を味わえるのがこちら。しっとり食感ながら、生地もしっかり感じられるミルクレープです。

出典: icoico

・ダブルショコラ 540円

20層すべてが濃厚チョコの、ぜいたくなミルクレープ。ほんのちょびっとだけ凍らせても、アイス感覚のようで美味しいのでぜひ試してみてください!

 

3.本場パリのチョコレートを堪能「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」

出典: icoico

阪急うめだ本店B1階の中でも、群を抜いてクオリティ・価格と共にハイクラスなチョコレート専門店が、パリに本店がある『ラ・メゾン・デュ・ショコラ』です。

出典: icoico

16粒で約6,000円もするような最高級チョコレートも販売しています。プレゼントや自分へのご褒美にも最適ですね。

出典: icoico

・ティラミス 540円

ラ・メゾン・デュ・ショコラの中でも、比較的手軽に買える絶品チョコ菓子が、『ティラミス』です。

出典: icoico

4層構造で、間にあるマスカルポーネクリームとチョコレートのコラボレーションが、至福の味わい! 下から2層目のスポンジも、キャラメルソースがたっぷり染み込んでいて、こだわりをとても感じる一品です。

 

4.ベルギーで3代続く超名門店!「ヴィタメール」

出典: icoico

チョコレートの本場ベルギーの専門店『ヴィタメール』は、1910年創業の超老舗店。

出典: icoico

古くからベルギー王室の人たちに愛されるチョコレートを提供し続け、今や世界中で愛されるチョコレート店となっています。その中でも日本のヴィタメールは、世界初の海外店舗として本家の高いクオリティを踏襲しています。

出典: icoico

・ショコラ・ド・ヴィタメール 4個入り 1,512円

可愛い小箱に入った『ショコラ・ド・ヴィタメール』は、ヴィタメールの筆頭商品。

出典: icoico

複数のリキュールの香りが幸福を誘う、大人なチョコレート。4つとも異なるソース・ナッツなどが入り、食べる人を虜にします。

 

5.りんご×チョコのコラボがたまらない!「一番舘」

出典: icoico

洋菓子店が数多くひしめく街、神戸元町を本店を構える『一番舘』。今や北海道から九州まで多数お店を展開する、日本発祥のチョコレートの名店です。

出典: icoico

・ポーム・ダムール 260g 1,458円

一番舘といえば、やっぱり『ポーム・ダムール』は外せません。

出典: icoico

りんごの甘みがたっぷりチョコレートに溶け込んだ味が最大の特徴。なんと、原材料に一番多く含まれているのはりんご! カカオマスなども多く含まれていることに驚きです。

出典: icoico

チョコの苦味は残しつつも、りんご蜜の甘みを柔らかく感じある味わいでした。個包装なので会社などでの差し入れにも適していますよ。

 

6.日本バレンタインデーの発祥店!「メリー」

出典: icoico

東京・目黒生まれのチョコレート店『メリー』を、阪神梅田本店でも購入することができますよ。

出典: icoico

実は、日本バレンタイン発祥の提唱店がメリーなのです。1950年代にメリーがバレンタイン時期にチョコレートを販売したことが、今日のバレンタイン文化に繋がったといわれています。

出典: icoico

・ファンシーチョコレート(阪神タイガース)24個入り 1,080円

せっかく阪神梅田でメリーのチョコを購入するなら、阪神梅田店限定の『阪神タイガース』モデルのチョコレートはいかがでしょうか!?

出典: icoico

開けた瞬間に「わぁ!」と驚きの声が出てしまいそうな、大阪らしいチョコレート。メリーのチョコレートはカカオや製造法にもこだわりを持っていて、チョコの中にもどこかキャラメルの甘みも感じる、そんな一品に仕上がっていました。

編/icoico編集部 写真/いちまろ夫婦

※本記事に掲載されている内容は過去に掲載した内容を再編集してまとめたものになります

京都市政PR動画「じつは,京都市。」公共交通利用促進篇
英語版 ・簡体字版 ・繁体字版

 

【関連記事】

※ 大阪の「グルメ」に関する記事はコチラでチェック!

欲張りすぎっ!腹ペコさん必見「オムライス×トンカツ」の絶品メニューが激ウマ

まさに「ご馳走バーガー」!大阪の激ウマハンバーガー店2選