難波の千日前商店街と、戎橋商店街に囲まれた一角に、織田作之助原作の『夫婦善哉』の舞台として知られる法善寺があります。

出典: icoico

その法善寺を中心とした狭い路地には様々な飲食店が並んでおり、ミナミの喧騒とは一線を画した落ち着いた空気が流れています。

2002年の火災で多くの店が消失、現在の建築基準法では道幅が足りず、横丁再建の危機を迎えましたが、特例を利用して元の風景を保つことができました。

 

(1)織田作之助文学碑「夫婦善哉」

出典: icoico

料亭『正弁丹吾亭』の前には「行き暮れてここが思案の善哉かな」と書かれた、織田作之助の句碑があります。この料亭には、織田作之助自身もよく通っていたそうです。

【施設情報】
織田作之助文学碑 「夫婦善哉」
●LOCATION
大阪府大阪市中央区道頓堀1-7-12

 

(2)法善寺・水掛不動尊

浄土宗の寺院で、水をかければ願いを叶えてくれる水掛不動尊は、必須の参拝スポット。

出典: icoico

出典: icoico

本来は西向不動明王のお姿ですが、水をかけられすぎて、全身が藻に覆われてしまっています。

【施設情報】
法善寺・水掛不動尊
●LOCATION
大阪府大阪市中央区難波1-2-16

出典: icoico

歩き疲れたら、水掛不動尊のすぐ隣、織田作之助の小説の舞台になった“夫婦善哉”で休憩を。

ただし、夫婦椀に仲良く盛られてぜんざいが出て来るので、ちょっと一人旅には辛い場所かもしれません。

【施設情報】
夫婦善哉
●LOCATION
大阪府大阪市中央区難波1-2-10 法善寺MEOUTOビル
●TEL
06-6211-6455
●営業時間
10:00~22:00
●定休日
無休

文・写真/こばやしりょーじ
※本記事に掲載している情報は公開時点のものになります。