出典: icoico

日本人はカレーが大好き! 特に大阪はスパイスカレーの聖地になっていますし、多くのスパイスカレー専門店がオープンして増え続けていますが、大阪のカレーはスパイスカレーだけではありません。「ここのカレーライスを食べずして、大阪のカレーは語れない!」と大絶賛している人もいるほど絶品かつデカ盛りなカレーが存在するのです。それではさっそく、奥が深い大阪のカレーワールドを覗いてみましょう。

ランチはカレーライスのみの営業

そのカレーとは、「辛来飯」(大阪府大阪市中央区安土町1-5-3 ループビル2F)のチキンとウインナーのカレー。実はここ、中華料理の居酒屋として営業しているのですが、名物がカレーライスという不思議なお店。昼だけカレーショップなのです。

雑居ビルの階段をのぼってドアを開けると、居酒屋とは思えないカレーの匂いが広がります。えーっと、ここ、居酒屋なんですよね!? カウンター席に目をやるとカレーライスを食べている人ばかり! そもそも、ランチはカレーライスのみの営業で、夜はカレーライスと居酒屋メニューなのだとか。

出典: icoico

出典: icoico

カレーかき混ぜ機すげー!!

さっそくカウンターに座って驚いたのが、自動カレーかき混ぜ機! グワングワンと機械音を出しながらカレーをゆっくり、じっくり、丁寧に、そして均一にかき混ぜています。

かき混ぜることでカレーの薫りが立ち昇って食欲がわく! そうか、常にカレーをかき混ぜることで、加熱し続けても鍋底が焦げつかないようにしているのか! すごいなー! そもそもカレーひとつにここまで気合を入れた装置を導入している居酒屋という時点で気分がアガります。

出典: icoico

チキンとウインナーカレーを注文せよ

さっそくカレーメニューをチェックしてみると、カツカレー、エビフライカレー、ササミカレー、白身フライカレー……、ほほう、なかなか種類が豊富だ。いろいろ悩んだあげく、大多数の客が注文するという「チキンとウインナーカレー」(940円)を注文しました。

常連は「チキンと1本で!」とか「チキン1本!」と注文するみたいですが、カッコつけないで初心者のふりをして(というか初心者なので)普通に注文しましたよ。ちなみにこのカレーを注文した理由ですが、「美味い」「安い」「多い」が三拍子そろったカレーだと評判なんですよ。

出典: icoico

無料でカレーがおかわりできます

目の前にやってきたチキンとウインナーカレーですが、これはヤヴァイ! 単にデカ盛りなだけでなく、ひとつひとつが旨そうだし、なにより安すぎない!? チキンが1本、2本、3本、4本、5本、6本! そして超長いウインナー1本! さらにガッツリとライスとカレーが盛られています。

これでたったの940円!? ウインナーを2本にしても990円なのですからお得すぎる! しかもこのカレー、無料でカレーがおかわりできるんですよ。玉ねぎ、らっきょう、福神漬けも無料! ヤバいですよ。ここに住みたいですよ。

出典: icoico

出典: icoico

出典: icoico

出典: icoico

カリカリサクサクなチキンが絶品

カレーライスを一口食べて納得。これはウマイ! 絶妙な辛さで、辛口が苦手な人も、甘口が嫌いな人も、どちらの属性でも美味しく食べられる辛さ。最初はなめらかな食感とともに強いコクを楽しめますが、あとから心地よい爽やかな辛さを感じることができます。「辛っ!!」ではなく「涼しげ!!」なテイストなのが万人受けする理由でしょうか。

そして忘れてはならないチキンの存在。カラッとクリスピーに揚げられたチキンをカレーに浸して食べれば、脂と肉汁がスパイスで引き立ってたまらない旨さ。

出典: icoico

中華を食べるために訪れたい

カレーとチキンで幸せな気分になりつつウインナーをガブリと食べれば、旨味の三連コンボ。ノックアウトされる覚悟が必要です。ノックアウトされました(笑)。

中華居酒屋なのに昼だけカレーショップになっているこのお店、こんなにカレーライスが美味しいなら夜の中華料理も気になるところ。今度は中華を食べるために訪れてみたいと思います。夜もカレーライスが食べられるので、カレーと中華の組合せも良いかもしれませんね!

【店舗情報】
辛来飯

●LOCATION
大阪府大阪市中央区安土町1-5-3 ループビル2F

●TEL
06-6262-6174

●営業時間
09:00~14:30 18:00~22:00

●定休日
日祝(要確認)

●備考
昼の営業はカレーのみ

※定休日以外の曜日でも臨時休業の場合があります
※本記事に掲載している情報は取材時のものです

文・写真 / ミスタークドウ