梅田からも徒歩圏内の中崎町。古着屋やカフェなどが多く立ち並ぶレトロな長屋の街並みが印象的ですが、最近は個性あふれるラーメン店が集うエリアとしての顔も持っています。

そんな中崎町でぜひとも食べたい塩ラーメン店をご紹介!

 

有明海苔で蓋するスタイルが新鮮!

©Meets Regional

鯛アラなどを使っていた定番の鶏魚介清湯スープを一新し、海苔で鉢を覆って提供する形に。煮干し、昆布の和ダシ、若鶏と鶏油の鶏ダシ、アサリやホタテ貝柱の貝ダシを、培った経験から編み出した黄金比で配合。

©Meets Regional

海苔を外せばリッチな香りが立ち上り、しっとりチャーシューからも旨みが溶け出し、時間と共に変化します。「麺屋棣鄂」の特注麺も、のど越しが良く、スープとの相性バッチリ。

写真の鶏魚介塩らーめんは800円。肉汁感しっかりの低温調理チャーシューで、味の変化も計算づく。ゆえに「チャーシュー抜きはお断り」。今後も微調整を続け、進化させる予定。

限定ラーメンも続々提供しており、以前のスープも「いずれ限定で」と店主・実藤健太さん。

 

【店舗情報】
フスマにかけろ 中崎壱丁 中崎商店曾1‐6‐18号ラーメン

©Meets Regional

●LOCATION
大阪市北区中崎1-6-18
●TEL
06-6371-3456
●営業時間
11:30~14:30(土・日・祝~15:00)、18:45~23:00(金・土曜&祝前日~0:00)
●定休日
無休

 

(『Meets Regional』2019年4月号P51掲載)編/icoico編集部

【関連記事】

※ 「まんぷく」を感じる限定麺、百福元味

 

※本記事に掲載している情報は公開時点のものになります。