関西の空の玄関口として、今年開港25周年を迎えた「関西国際空港」。広大な敷地内には、一般的な土産物店や飲食店に留まらず、絶景スポットや限定グッズが手に入るショップ、ユニークなレストランにラウンジなど、様々な見どころが点在しています。そこで今回は、飛行機の乗り降りに利用するだけではもったいない、「関西国際空港」の多彩な魅力に迫ります。

 

ベストビューやレアアイテムを求めて「関空展望ホール Sky View」へ!

第1ターミナルビルから、無料シャトルバスに乗って6分ほどの場所にある「関空展望ホール Sky View」。2つの建物から成るこの施設には、魅力溢れるスポットが凝縮されています。

まず、メインホール5階に広がる開放的な屋上公園「スカイデッキ」は、滑走路を間近に望む抜群のビュースポット。360度の大パノラマで、離着陸する航空機の大迫力を臨場感たっぷりに楽しめます。大空を飛行する航空機の姿はもちろん、煌びやかな空港夜景の美しさも自慢です。

エントランスホール4階では、航空関連グッズショップ「スカイショップタウン」で買い物を。コレクター必見の航空機模型や、関西国際空港に就航している代表的な航空会社のグッズといったバラエティに富んだ商品が充実。

航空関連商品のラインアップは国内最大級の規模を誇ります。特に、関西国際空港と各航空会社のコラボグッズや、地元の名産品とコラボした泉州タオル、手荷物タグのデザインがおしゃれなクラフトテープ、空港限定お菓子、そして関西国際空港オリジナルグッズなどは、ここでしか買えないお土産として人気です。

そしてエントランスホール3階にあるのは、超音速旅客機コンコルドにちなんだレストラン「レジェンド・オブ・コンコルド」。2003年に同機が引退した際、日本での最終フライト地が関西国際空港であったことから誕生した空間です。店内装飾はコンコルドのイメージで統一され、窓の外に滑走路を眺めながら、優雅なひとときを楽しめます。

メニューは、パスタセットやカレー、ビーフシチューなどもありますが、見逃せないのは豊富な機内食メニュー。ここはなんと、飛行機に乗らずして機内食を食せる唯一無二のレストランなんです。スタンダードなセットメニューに加え、3日前までに予約すれば、ファーストクラスやビジネスクラスをイメージした、ちょっとリッチな機内食もオーダー可能。贅沢な気分を堪能してみてはいかがでしょうか。

出典: 関西エアポート株式会社※イメージ

【施設情報】
関空展望ホール Sky View
●LOCATION
大阪府泉佐野市泉州空港北1 関空展望ホールスカイビュー
●TEL
「関空展望ホール」072-455-2082
「スカイショップタウン」072-455-2089
「レジェンド・オブ・コンコルド」072-455-2096
●営業時間
「関空展望ホール」8:00~22:00
「スカイショップタウン」10:00~18:00(土・日・祝・特定日~20:00)
「レジェンド・オブ・コンコルド」11:00~21:00(L.O.22:00)
●定休日
無休

 

待ち時間は、ネットカフェのような「KIXエアポートラウンジ」でのんびり♪

空港で待ち時間が発生したら、ベンチやカフェで時間を潰すのも良いですが、オススメなのが有料ラウンジの利用。しかもここ「関西国際空港」内には、全国的にも珍しいインターネットカフェを融合した新感覚スタイルの「KIXエアポートラウンジ」があるんです。

席はリーズナブルなオープン席から、パーテーションで囲まれプライベート空間が楽しめるシングルブース、広々とした個室にテーブルやソファ、テレビなどを備えたグループルームまで、幅広いタイプを用意。いずれもインターネットの利用をはじめ、人気コミックや雑誌などが読み放題で、映画鑑賞も楽しめます。フリードリンクの他、有料のドリンクや軽食メニュー、シャワーブースまで完備。待ち時間も、ここなら楽しく快適に過ごせます。

【施設情報】
「KIXエアポートラウンジ」
●LOCATION
大阪府泉佐野市泉州空港北1 関西国際空港第1ターミナルビル2F
●TEL
072-455-4058
●営業時間
24時間
●定休日
無休

文/TRYOUT

※本記事に掲載している情報は公開時点のものになります。

【関連記事】

大阪のおでかけ情報はこちらでチェック!

阪神なんば線開業10周年記念!街歩き謎解きゲーム「7人の乗客の奇妙な1日」