大阪市の中心に近い天神橋筋六丁目に隣接する商業ビルの中にあり、『大阪くらしの今昔館』9階の「なにわ町家の歳時記」は、フロア1階が丸ごと江戸時代の町並みを再現しており、観光客の方に人気です。

出典: icoico

訪れる人の多くが江戸時代にタイムトリップしたような錯覚におちいる「なにわ町家の歳時記」では、着物を着て町中を歩くことが体験でき、町家に置いてあるお面や独楽(コマ)、けん玉などを手に取って遊ぶこともできます。

出典: icoico

他にもイベントが開催されることがあり、運が良ければ、町家の中で寄席を聞けたり、お茶会を体験できたりします。

 

300円で本格的な抹茶体験ができる!

出典: icoico

今回は、町家で開催されるお茶会を体験してきました。参加料300円。写真をみると「大寄せ」の茶会スタイルです。

出典: icoico

前の組の茶会の様子です。正直、この「大寄せ」がなんと300円という値段で体験できるんです!

出典: icoico

茶会はお菓子とお茶をいただけます。スタッフは大阪市役所茶道部の方がボランティアにより、お茶代とお菓子代で楽しめるのです。

出典: icoico

気になる作法ですが、お茶会を体験していただくことが目的なので、参加する人がお茶の心得がなくても大丈夫です。

正座でなくても参加可能です。もちろん扇子や懐紙なども不要です。お茶会は作法にのっとり、茶碗や茶器、掛け軸や生け花の説明もあります。

出典: icoico

お茶会は作法も大事ですが、もう一つの茶の心「おもてなしの心」も大切です。四季変化を楽しむことができます。今回の茶碗は「桜」が、お菓子は「あやめ」でした。

出典: icoico

このように本格的な茶会に300円で参加できますので、お茶会を体験したい方は公式サイトで開催日を確認のうえ、当日12時から販売されるお茶券を購入してください。13時~15時までの間、先着順50名の方が参加できます。

【施設情報】
大阪くらしの今昔館
●LOCATION
大阪府大阪市北区天神橋6丁目4-20 大阪市立住まい情報センタービル8〜10階
●入場料
一般600円
●開館時間
10:00~17:00(入場は16:30まで)
●定休日
火曜日

文・写真/平井裕三

※本記事に掲載している情報は公開時点のものになります。