皆さんは『ニフレル』という施設をご存知でしょうか?

『ニフレル』は吹田市の万博記念公園・EXPOCITY内にある施設で、海遊館がプロデュースする、水族館、動物園、美術館が融合したミュージアムです。インスタレーションという空間展示の手法を取り入れており生き物たちはもちろん、写真映えするスポットも多数あります。

今回はそんなニフレルの写真撮影・インスタ映えスポットを広報の方に取材した内容をもとにご紹介します!

 

(1)神秘的なアート空間『ワンダーモーメンツ』

出典: icoico

アーティスト・松尾高弘さんによる神秘的な空間アート体験ができるゾーンです。16種類の上映がランダムで流れており、タイミングによっていろいろな演出を楽しむことが可能です。

出典: icoico

足元にも映像が映し出されており、インスタライブやストーリー撮影をここでされる方も多いのだとか。

 

(2)生き物のすがたを映しだす空間演出

出典: icoico

“すがたにふれるゾーン”もインスタレーションの展示手法が用いられており、インスタ映えスポットの1つです。3面鏡張りの空間に生き物たちがいる水槽をライトアップした光が映り込んだ幻想的な空間を取材中も多くのお客様が撮影されていました。

 

(3)マングローブを模した空間演出

出典: icoico

“わざにふれるゾーン”のテッポウウオがいる水槽はマングローブを模した演出です。この空間ではよく撮影されていて人気スポットの1つになっています

 

(4)じっと見つめてくれるイシガキフグ

出典: icoico

わざにふれるゾーンのイシガキフグは他の魚たちより目が前方についていてとても愛嬌のある姿がSNSでも人気があるのだとか。

 

(5)造形が美しいハナミノカサゴ

出典: icoico

“すがたにふれるコーナー”のハナミノカサゴはフリフリとしたすがたが特徴的。下からライトを当てる演出も合間って撮影するとインスタ映えします!

 

(6)間近で記念撮影ができる空間

出典: icoico

獰猛なイメージのあるイリエワニもここではぷかんと浮ていて可愛い姿を見せることも。そういった普段見せないような姿を撮影できるのも生き物たちが自由に暮らしているニフレルならでは!

ニフレルでは、生き物との距離が近いことも特徴です。そのため、水槽の前で普段は近づくことができないような生き物と一緒に記念撮影がしやすいところも嬉しいポイント。

 

出典: icoico

ニフレルの写真撮影、インスタ映えスポットをご紹介しました。ぜひ素敵な写真を撮ってみてくださいね。

【店舗情報】
ニフレル
●LOCATION
大阪府吹田市千里万博公園2-1 EXPOCITY内
●TEL
0570-022060(IP電話・国際電話の方は06-6876-2216)
●営業時間
10:00~20:00(最終入館時間19:00・季節により営業時間変動有り)
●定休日
無休(1年に1度設備定期点検のために臨時休館日有り)
●入館料
大人(高校生/16歳以上)2,000円
こども(小・中学生)1,000円
幼児(3歳以上)600円
2歳以下は無料・当日に限り再入館可能(19時までに入館ください。)

取材・文・写真/KaEri

※本記事に掲載している情報は公開時点のものになります。