みんな大好き、洋食屋の定番メニューである“オムライス”。

ケチャップライスとトロトロでふわっとしたたまごの組み合わせは今も昔も多くの人を魅了しています。そんなオムライスは、お家でも作れる料理ですが、やっぱり洋食屋さんのものは一味も二味も違います。

定番オムライスも良いですが、今回は観光にオススメの一度は行きたい一風変わった、けれども激ウマなオムライス店を3軒ご紹介します!

 

(1)グリル北斗星

出典: icoico

ランチタイムは行列のできる人気の洋食店。名物はポークカツが乗った『トルコライス』(830円)。

ごはんはケチャップライスではなくカレーピラフ。その上に半熟具合が絶妙なトロトロたまご、さらにその上に大きめのポークカツが乗ってボリューム満点のひと皿となっています。自家製デミグラスソースがたっぷりかかっていて濃厚な味わいがいつまでも口の中で余韻として残ります。

【店舗情報】
グリル 北斗星
●LOCATION
大阪市北区梅田1-2-2 大阪駅前第2ビル B1F
●TEL
06-6341-7758
●営業時間
月~土 11:00~21:00
日・祝 11:00~20:00
●定休日
無休

 

(2)浪花オムライス

出典: icoico

大阪名物“どて煮”が乗ったオムライスこと『浪速オムライス』(1,800円)。トロットロの卵の上にはカットしたネギとデミグラスソース、そしてどて煮がどっさり! デミグラスソースの“洋”と、濃厚などて煮の“和”のソースが絶妙にマッチしています。

チーズやイカリング、唐揚げなどのトッピングメニューも豊富で、自分好みにアレンジできるのも嬉しいですね。

【店舗情報】
浪花オムライス
●LOCATION
大阪市中央区南船場3-11-27 日宝シルバービル1F
●TEL
06-6245-7206
●営業時間
火~日 10:00~20:00
●定休日
月曜日

 

(3)イトウ

出典: icoico

ソース、マヨネーズ、マスタードソースが上にかかった、名物「インディアンオムライス」(600円)が食べられる老舗の喫茶店。

昔ながらの純喫茶のような雰囲気で、近くのサラリーマンにとってのオアシス的存在となっています。オムライスの卵は良く火が通っていて懐かしさを感じる味わい。3種類のソースを混ぜて一緒に食べると、まるでお好み焼きのような風味になって美味しいです。

【店舗情報】
イトウ (CAFE DE ITO)
●LOCATION
大阪市北区天満2-2-20
●TEL
06-6352-5210
●営業時間
月~土 7:00~18:00
●定休日
日・祝

文・写真/けんけん
※本記事に掲載している情報は公開時点のものになります。

【関連記事】

大阪の「ランチ」に関する情報はこちらでチェック!