日本の身近な伝統工芸のひとつ「手ぬぐい」をご存知ですか? タオルやハンカチのように使え、乾きやすくかさばらないのが特徴で、豊富なデザインで日本らしいお土産として注目を集めています。

今回は、梅田から徒歩10分ほどの距離にある手ぬぐい専門店『にじゆら大阪中崎町本店』をご紹介します。

出典: icoico

 

「にじゆら」の手ぬぐいの特徴

出典: icoico

『にじゆら』の手ぬぐいは注染(ちゅうせん)という、染色技法が使用されており、明治時代に大阪で生まれた技法です。

染めない部分は糊の土手を作り、その土手の内側に染料を注ぐため、何枚も重ねて同じ絵柄を染められるほか、一度に多色を使って染めることができます。表からと裏からの二度染めで、裏表なくきれいに染められています。

注染手ぬぐいは、色鮮やかで温かみも感じる鮮明さが特徴です。色柄も豊富で図柄もオリジナリティがあってとてもユニークです。

細かい地図や、文字入りの手ぬぐいなどもあり、お気に入りの一枚を選ぶのも楽しみの1つ。一枚一枚見本があるので、手に取って広げてみる事も可能です。細い糸を使っているので、肌触りもとても良いのが特徴です。

 

日本のハンカチ!手ぬぐいの使い方

出典: icoico

注染で染められた手ぬぐいは繊細なのでお手入れに注意が必要です。タオルのように両端が縫い合わせていないのは、乾燥しやすくするほか、雑菌の繁殖防止でもあります。

最初はほつれてくることもありますが、ハサミなどでカットするとほつれも落ち着きますよ。

使っていくたびに柔らかさが増し、肌触りもよくなります。

 

「にじゆら大阪」人気の手ぬぐい

出典: icoico

『にじゆら』では、大阪の企業とコラボした手ぬぐいが多く、阪急電車、箕面ビール、前田のクラッカーなど大阪ご当地の柄が人気です。

出典: icoico

グラデーションの色合いが美しい一枚。堺の灯台と夕日が見事で使うのがもったいなくなりますね。

出典: icoico

日本らしい富士山などの絵柄は外国人観光客の方が、お土産に買われる事が多いそうです。ハンカチやタオルのように使うほか、ラッピングで物を包んだり、絵柄を活かして掛け軸の様に飾る事もあるんだとか。掛け軸にしてみると、かなりお洒落ですね!

夏場はアイス柄や花火柄もよく売れているそうです。

 

出典: icoico

にじゆら中崎町店では、大阪にちなんだ絵柄ものの手ぬぐいが販売されています。手ぬぐいを購入すると、希望者には年に数回行われる堺工場の工場見学に申し込みができるそうです。定期的に、中崎町のイベントにも参加されていて、手ぬぐいや風呂敷染め体験もできますよ。

【店舗情報】
注染手ぬぐい にじゆら中崎町本店
●LOCATION
大阪市北区中崎西4-1-7 グリーンシティ1階104
●TEL
06-7492-1436
●営業時間
11:00~19:00
●定休日
木曜

ライター:mahina
※本記事に掲載している情報は掲載時点のものになります。

【関連記事】

大阪の「お土産」に関する記事はこちらでチェック!

「梅田」エリアの情報はこちらでチェック!