スパイスカレー・シーンのネクストフェーズは、「ダシ」。和の智恵で、さらに高まり広がるカレーの無限のポテンシャル。昆布、エビ、鯛などなど奔放かつ大胆なダシの偉大さがひと皿に溢れます。

今回は和ダシカレーの最前線を紹介します。

 

魚のアラ、昆布、イリコ…さまざまなダシがスパイスと融合!

(1)「旬香唐」の旬の魚出汁カレーのあいがけ 900円

ⒸMeets Regional

見事な骨切りのハモの身だけでなく、そのアラを煮たハモダシは、深~~い甘みとコクが全身に響く幸せな味わい。加えて金目鯛や沖縄産モズクからも染み出すふくよかなダシが加勢した滋味と山椒の刺激は、居酒屋ランチの域を超越したまさにプレミアム魚介カレーの頂上。あいがけの旬野菜キーマ、トッピングの激辛・馬スジ煮など、鋭い作品性も、最敬礼したいひと皿です。

ⒸMeets Regional

創業16年の人気魚介居酒屋が、夜の料理に使う大量の魚のアラを活用して2017年夏から昼カレーをスタート。店の隅々まで徹底して磨かれたフロアの清潔感も圧巻です。

ⒸMeets Regional

【店舗情報】
旬香唐 しゅんかとう
●LOCATION
大阪市淀川区西中島4-5-4
●TEL
06-6886-5969
●営業時間
11:45~14:00(売り切れ次第終了) 火・水・木・第三土曜昼のみ営業

(2)「WARUNG」のロース・カツカレー 1,000円(税込)

ⒸMeets Regional

シェフ・小野裕亮さんは和食出身。それゆえ、鋭く繊細な和のセンスは、じんわり深い旨みの昆布ダシだけでなく「引き算感覚で減らしていって、今は7種類」でクッキリと香りを立てるスパイス遣いにも鮮烈に輝いています。タマリンドの酸味がアクセントになったカツ(平日限定)もワザあり。淡麗な後味もスッキリしているので、週3回も余裕でいけてしまうデイリーなひと皿です。

ⒸMeets Regional

日替わりには、炭焼き合鴨カレー950円など料理人魂がキラリと光ります。トッピングは山盛りパクチー200円、タンドリーチキン唐揚げ200円(全て税込)、冬はカレー鍋も人気です。

ⒸMeets Regional

【店舗情報】
WARUNG ワルン
●LOCATION
大阪市西区北堀江3-4-17
●TEL
06-6616-9712
●営業時間
11:30~15:00 17:30~22:00(日曜11:30~17:00) 月曜、第2・4火曜休

 

(3)「オオツカレー」のポークキーマの薬膳スパイスカレー 900円(税込)

ⒸMeets Regional

ダシに用いる昆布やイリコといった素材の極上度も、その素材を活かすレシピの秀逸さも、もはや規格外。香川県が誇る最高級品、伊吹島イリコをたっぷりと用い、40℃からゆっくり時間をかけ煮出す技は、名割烹も顔負けです。さらに、店で1時間ごとに焙煎する(!)新鮮スパイス=薬膳力で、食後の身体の軽さもミラクル。まさに極上カレーは〝命の薬〞であると実感できます。

ⒸMeets Regional

ひよこ豆の味噌スパイス炒めほか、付け合わせの野菜料理が食物繊維たっぷり。カレーは全て小麦粉、バター、クリーム無縁でヘルシーなのも嬉しいですね。

ⒸMeets Regional

【店舗情報】
アジアンキッチンオオツカレー
●LOCATION
大阪市北区西天満3-13-18 1F
●TEL
06-6312-3222
●営業時間
11:00~22:00(20:30以降売り切れ次第終了) 日曜休

(『Meets Regional』2018年9月号P28-29掲載) 編/icoico編集部

【関連記事】

北浜の間借りカレー、梅田にランチ出張

 

※本記事に掲載している情報は公開時点のものになります。