大阪発祥のトレンド、スパイスカレー。今回は梅田近郊で2019年にスタートした話題のカレーを2つご紹介します。

どちらのお店もランチ限定ですが、カレーへの計り知れないこだわりが感じられます。

 

スパイス料理イデマツの「ベジ&ノンベジあいがけカレー」

©SAVVY

天満の小道にたたずむフランス料理店『ブラッスリー・プティ・ポー』が、週3回ランチタイムだけ『スパイス料理イデマツ』という名のスパイスカレー店に変身。

イタリアンやフレンチでもよく使われることからスパイスに興味を持ち、独学で究めた店主の出口泰正さん。以前はスパイス料理の御膳を提供していましたが、2019年2月から内容を一新。香味野菜がゴロゴロ入った定番と月替わりの2種のカレー&トッピングに絞ったメニューに変更しました。

メインのトッピングにはイノシシや鴨肉など、夜のメインディッシュに使うほどの上質素材が、月替わりカレーにあわせて登場!

イデマツ定番ベジカレーと、ノンベジカレー(この日は鴨肉のペッパーカレー)のあいがけ1,200円。たまご(100円)とメインのマグレ鴨のロースト(600円、すべて税込み)をトッピング。菜の花やカブなどの旬野菜もたっぷりと。平均予算は昼900円~、夜5,000円~。

【店舗情報】
スパイス料理イデマツ
●LOCATION
大阪市北区池田町10-10-105
●TEL
090-2100-8392
●営業時間
11:30~ L.O.14:00
●営業日
平日の月・水・木のみ営業(臨時営業・休みはSNSにて要確認)

 

オールデイコーヒーの「ウタタネカレー」

©SAVVY

カルチャー発信型のコーヒースタンド『ALL DAY COFFEE』が、若手クリエーターとタッグを組むプロジェクトの第2弾として、間借りカレーで知られる北浜『ウタタネカレー』とコラボ。

やわらかく煮込んだチキンたっぷりのカレーは、辛くないけどスパイシー。『ALL DAY COFFEE』のエスプレッソを使った自家製バルサミックソースをかければ、さらにコク深く、まろやかな味わいに。

シーズン毎に内容を替える予定で、夏前まではチキンカレー950円(コーヒー付き、税込み)。写真のトッピングは特製ピクルスと半熟卵。サフランライスには塩味を感じるハーブ、カスリメティをかけて。

【店舗情報】
ALL DAY COFFEE(オール デイ コーヒー)

©SAVVY

●LOCATION
大阪市北区大深町4-1 グランフロント大阪 うめきた広場B1
●TEL
06-6359-2090
●営業時間
10:00~21:30(ランチ11:00~14:00)共にL.O.
●定休日
不定休

(『SAVVY』2019年6月号P18.P21掲載) 編/icoico編集部

【関連記事】

スープストック初、梅田にカレー居酒屋

 

※本記事に掲載している情報は公開時点のものになります。